ライカ、コンパクトデジタルカメラ“ライカ D-LUX8”を発売

ライカカメラは、コンパクトデジタルカメラ「ライカD-LUXシリーズ」の新機種「ライカD-LUX8」を発売する。発売日は7月20日予定。価格は税込286,000円。

「ライカD-LUX8」は、秀逸なデザインへのこだわりというライカのブランド哲学を見事に反映させたカメラ。デザインのみならず、きわめて快適な操作感も特長のひとつ。直感的な操作性、優れたユーザーインターフェース、ボタン類の配置、そして人間工学に基づきレイアウトされた操作部などが際立つユーザーフレンドリーなカメラとなっている。

写真・動画撮影に必要なあらゆる機能を搭載し、マニュアル操作およびフルオートを選べ、一瞬を素早く切り撮るスナップ写真から構図にこだわった作品撮影まで、幅広いシーンで活躍。また、高精細なタッチパネルモニターや240万ドットの新しいOLEDビューファインダーのライブビュー機能がフレーミングをサポートする。

撮像素子には2,100万画素(有効1,700万画素)の4/3型CMOSセンサーを、レンズには大口径の「ライカDCバリオ・ズミルックス f1.7-2.8/10.9-34mmASPH.」(焦点距離:35mm判換算24~75mm相当)を採用している。外付けフラッシュユニットも付属しており、光量が少ない状況下でも美しく撮影できる。記録形式はDNG(RAW)とJPEGから選択可能で、ズームレンズと4K動画撮影機能によりさまざまな用途へ柔軟に対応できる一台となっている。軽量・コンパクトなボディでどこへでも気軽に持ち出せるというのも魅力。

ライカ専用アプリ「Leica FOTOS」ともシームレスな接続が可能で、撮影した画像をスマートフォンに取り込んで編集からシェアまで手軽に行なうことができる。

「Leica FOTOS」はDNG形式のファイルにも対応しているほか、動画もダウンロード可能。また、ズーム倍率の変更を含む各種機能をリモート操作できる。さらに、「Leica FOTOS」からカメラのファームウェアをアップデートすることも可能。

撮像素子:4/3型CMOSセンサー / 有効画素数:1,700万画素 / 感度:ISO100〜25,000 / レンズ:ライカDCバリオ・ズミルックス f1.7-2.8/10.9-34mm ASPH.(35mm判換算で24~75mm相当) / 寸法:約130×69×34mm  / 質量:約397g(バッテリー含む)

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか