天体撮影専用カメラ“OM SYSTEM E-M1 Mark III ASTRO”および“ボディーマウントフィルター”2種が発売

OMデジタルソリューションズは、天体撮影に最適な光学特性を備えた「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレス一眼カメラ「OM SYSTEM E-M1 Mark III ASTRO」と、2種類の「ボディーマウントフィルター」を2024年7月25日から発売する。

ミラーレス一眼カメラ「E-M1 Mark III」をベースに、天体写真愛好家に人気の高い赤い星雲も色鮮やかに撮影できるようチューニングした天体撮影専用カメラ。また、天体撮影に便利な、街明かりや街灯などの人工光源による光害カット効果を持つ 「BMF-LPC01」、ソフトフィルター効果を持つ「BMF-SE01」をカメラボディー内部(マウント部とイメージセンサーの間)に取り付けることで、さらに幅広い撮影表現が楽しめる。なお、「OM SYSTEM E-M1 Mark III ASTRO ボディーマウントフィルターセット」は受注生産での販売となる。

主な特長

1. Hα線を捉え、肉眼では観察できない赤く美しい散光星雲を鮮やかに高画質で撮影

天体撮影で重要となるHα線の透過率が約100%となるよう、センサー前方に配置されているIRカットフィルターの光学特性を最適にチューニング。そのため一般的なデジタルカメラでは撮影の難しい、Hα線により発光する星雲の美しい形と色を鮮やかに捉えることができる。

2. 星景写真から天体撮影まで、幅広い撮影シーンをカバー

広角から望遠まで、被写体に合わせて選べる多彩な「M.ZUIKO DIGITAL」レンズを組み合わせることで、星空の入った壮大な景色から、特定の星座や遠くの星雲まで、様々な天体を美しく撮影できます。また、市販のマイクロフォーサーズ対応のアダプターを介することで、天体望遠鏡に取り付けての撮影も可能。

3. ハイレゾショット機能のスタッキング処理で、より高画質かつ高精細な撮影が可能

ハイレゾショットは、複数枚撮影で得られた超高密度の画素情報により高画素撮影を実現するOM SYSTEMならではのコンピュテーショナル フォトグラフィ機能。通常は手持ち撮影時に使用する「手持ちハイレゾショット」を、あえてカメラを三脚や赤道儀に固定した状態で使用することで、天体写真でよく使われる「スタッキング処理」をボディー内でワンショットで行うことができる。これにより高精細化に加え、ノイズ低減効果が得られる。

「E-M1 Mark III」に搭載されている「手持ちハイレゾショット」は、撮影中に発生するわずかな位置ずれを利用し、16回撮影した画像をもとに約5,000万画素の高解像写真を生成します。画像合成の際に一枚一枚の画像の位置合わせを行なうため、三脚に固定した状態で「手持ちハイレゾショット」撮影を実行することで、日周運動による星の動きが補正された合成画像が生成される。また、赤道儀使用時においては、追尾誤差で生じる星のずれが補正された合成画像が生成される。

その他の特長

・星空撮影に便利なカメラの設定をカスタムモードC1、C2(モードダイヤル)に搭載
・「E-M1 Mark III」と同様に星空撮影に最適な多彩な機能を搭載
 星にフォーカスを合わせる星空AF
 星の軌跡撮影に最適なライブコンポジット機能
 暗い環境下でも水平出しを容易にするデジタル水準器
 長時間撮影に便利な、USB/PD規格対応デバイスからのUSB給電

関連製品

天体写真撮影に便利な2種類のフィルターを用意。カメラボディー内部(マウント部とイメージセンサーの間)に取り付けるため、レンズを交換しても効果を得ることができる。また、レンズ前面にフィルターを取り付けるのが難しいフィッシュアイレンズや広角レンズでも使用可能。

ボディーマウント光害カットフィルター 「BMF-LPC01」(ボディーマウントフィルターセットに同梱・別売)

光害カットフィルターは街明かりや街灯などの人工光源による光をカット。これにより夜空に色かぶりが生じるのを防いで、星雲や星座の本来の美しさをより鮮やかに写すことができる。また、地平線付近は最も光害の影響を受けやすいため、東の空から昇る星座や、西の空に沈む星座を撮影するときにも効果を発揮する。

対象機種:「E-M1 Mark III」、「OM-1」、「OM-1 Mark II」

ボディーマウントソフトフィルター 「BMF-SE01」(ボディーマウントフィルターセットに同梱・別売)

高い解像力を誇る「M.ZUIKO DIGITAL」レンズは、理想光源である星をきれいな点画像として結像する。 その半面、多くの星が点画像として記録されるため、代表的な星が印象的に見えない場合があるが、ソフトフィルター「BMF-SE01」を使うことで、点光源をにじませて強調する効果が得られ、輝きの強い星ほどにじんで大きく写すことができ、星の色も強調されるため、星や星座を際立たせることができる。

対象機種:「E-M1 Mark III」、「OM-1」、「OM-1 Mark II」

対応マウント:マイクロフォーサーズマウント / 撮像素子:4/3型Live MOS センサー / 有効画素数:約2,037万画素 / 感度:ISO64〜25,600 / 寸法:約134.1×90.9×68.9mm / 質量:580g(CIPA準拠、付属充電池およびメモリーカード含む、アイカップなし)

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか