Blackmagic Design Special Interview

Blackmagic Design | Pocket Cinema Camera 6K
石井壮太郎(ディレクター)

2023年2月21日

20221025_blakmagic_2.jpg

LAで映画を学び最前線で活躍し続ける石井壮太郎。ポップなMVからコマーシャルワークまで、心地よい作品を軽いフットワークで生み出し続ける。
子供からのファンレターがきっかけで始まったという今回のCMプロジェクト。監督、撮影、編集までを手がけた石井氏は、企業が届けたい熱いメッセージを15秒でどう表現したのか。

TV CM【県南グループ】県南清掃/県南環境保全センター 企業イメージTVCM
石井壮太郎(ディレクター)

企画制作=電通東日本+モリヤマレコード CD=山本雅治 Pr=森山貴史 Dir+P+ED+TC=石井壮太郎 Assistant P=齋 孝輔 + 須藤 翔
高いクオリティを軽いフットワークで

——県南清掃の企業CMのお話は、どのように始まったのでしょうか。

石井 どのような映像にしようかと考えていた時、県南清掃(青森県十和田市)のInstagramに「すごく嬉しいお手紙をいただきました」という投稿を見つけました。息子がいつもごみ収集車が来るのを楽しみにしていて、窓から手をふると収集車の方が手を振り返してくれるのが嬉しかったと。このすごくささやかなエピソードがいいなと思って。会社が目指している「地元に貢献する」ビジョンとも繋がるので、こういうシーンから始めたらどうかという提案をしました。

——Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kはどのようなシーンで役立ちましたか。

石井 人物の表情や狙いたいここぞという一瞬をとらえるために、フットワークの軽さはすごく大事なことです。序盤のカットはベランダから撮っていますが、元々別のアングルから撮ろうとしていたんです。でもこれは絶対少年の隣に行った方がいい表情が撮れそうだし、光も良さそうだなと思って、助手を1人だけ連れて急いで移動しました。このような咄嗟の判断を行動に移せるのは、カメラがコンパクトだからできることです。ドキュメンタリースタイルで撮ることが多いので、なるべく身軽にしたい気持ちはありますね。普段はモニターを別に用意することが多く、今回は外付けモニターを使いました。だから最近新しく発表されたCinema Camera 6Kを早く使ってみたいです。あのフルフレームの6Kセンサーもすごく気になっています。

——DaVinci Resolve18を使って編集されたとのことですが。

石井 3年ほど前にAdobe Premiereから移行してから、基本的に編集にはDaVinci Resolveを使っています。使い勝手に関しては何の申し分もありません。カラーグレーディングの時に外部にデータを渡したり、音声のためにMAに入ることもあるのですが、チームベースでできるので、ワークフロー的にも問題なく快適です。

——DaVinci Resolve17と比べて良かったポイントは?

石井 「オーディオトランスクライブ」という音声から文字起こしができる機能はとても重宝しています。あれは多分Adobe Premiereよりも先んじていました。インタビューのドキュメンタリーも多いので、かなり助かっています。

※この記事はコマーシャル・フォト2023年11月号から転載しています。

コマーシャル・フォト2024年5月号

【特集1】
Lifestyle Photography 「ライフスタイルフォト」を考える
ふとした日常のワンシーンを切り取り、人物やプロダクトの魅力を伝えるライフスタイルフォト。
この特集ではライフスタイルフォトを撮影するフォトグラファーとクリエイターがどのようなことを考えながらビジュアルを設計しているのか、作品と合わせてその思考を探っていく。

兼下昌典 / 金子美由紀 / 上澤友香 / 元家健吾 / 山本あゆみ / 小野田陽一 / 角田明子

良品計画 無印良品 クラシコム 北欧、暮らしの道具店
中川正子が撮る暮らしの気配

FEATURE 01 中森 真「endura」
FEATURE 02 金子親一「READYMADE」
FEATURE 03 尾身沙紀「Wanderlust」