イベント・スクール・公募展

キヤノンマーケティングジャパンによる写真・映像作家 発掘オーディション  「GRAPHGATE」が目指すものとは

2022年10月キヤノンの新プロジェクト写真・映像作家発掘オーディション 「GRAPHGATE(グラフゲート)」が発表された。 写真新世紀、SHINESを経て、新たに誕生したこのプロジェクトについて、 キヤノンマーケティングジャパン・新保朋也氏に企画経緯と意図について語ってもらった。

rogo_GRAPHGATE_221013.jpeg


「GRAPHGATEを『次につなげるきっかけ作り』にしていただきたいです」

──GRAPHGATEの企画の経緯から教えてください。

新保 キヤノンはカメラやレンズなど映像製品を販売するだけではなく、「写真を通して、人々の心を豊かにしたい」という想いから、フォトコンテスト、写真教室、ギャラリーでの写真展開催など長年にわたって写真文化の醸成に取り組んできました。

その中でも、プロの方に馴染み深いのは、写真新世紀SHINESだと思います。いずれも新人作家の発掘・育成・支援に取り組んできました。

写真新世紀やSHINESの意志を引き継ぎ、熱意ある新しい才能を見出し応援するために、キヤノンMJが新たな枠組みとして「人」に焦点をあてたのが、今回のプロジェクトである写真・映像作家発掘オーディション「GRAPHGATE」です。


プレゼンテーションで意志を伝える


──人に焦点を当てるとは、具体的にはどういった選考ですか?

新保 技法や表面的な美しさだけではなく、作家としての意志や創作意欲、また、それを伝える力が重要だと思っています。  

一次選考は作品と書類の提出のみですが、二次選考・グランプリ選考会ではプレゼンテーションを実施します。

写真・映像作家として活動する上で、コミュニケーション能力がとても求められると思います。選考委員へのプレゼンや質疑応答などから伝わる熱意なども選考対象になります。


──選考委員の方々がキュレーター、映像プロデューサー、アートディレクター、ジャーナリスト、編集者と、多彩な顔ぶれですね。

新保 一般的なフォトコンテストは、写真家や写真評論家に審査を依頼することが多いですが、GRAPHGATEはそれぞれに特化したジャンルの方にお願いをしています。

写真業界以外の方が選考することで、次の活動へつながるチャンスが増えるのではないかと考えたからです。


──応募ジャンルは写真が「ピープル」「ネイチャー」「クリエイティブ」、映像は「ムービー」と、4つ設定されています。

新保 人物、風景写真の撮影ジャンルのほか、「クリエイティブ」では広告クリエイティブ的な写真やスナップ、心象風景もあり得ます。コラージュ手法などもOKです。「ムービー」では、写真的な技術を持ち得た作品が来ることを期待しています。


──写真新世紀のような新しい表現やアート作品を期待している?

新保 写真新世紀の今までの受賞作品の傾向から、GRAPHGATEに応募されるジャンルが狭まる可能性があると考えました。

撮影ジャンルや映像に関わらず、意欲を持った作家はたくさんいらっしゃいますよね。そういった方たちにもチャレンジしていただき、一歩を踏み出してほしいという思いからジャンルを設定しました。

部門ごとに賞を設けているわけではなく、賞は選考委員に紐づいています。敢えてジャンルを設定することで、多くの作家に応募していただけるオーディションとしてわかりやすく認知されて欲しいと願っています。


──使用機材の制限はなし、年齢・キャリアも不問と幅が広いですね。

新保 機材についてはアナログ・デジタル、メーカーも不問です。 

GRAPHGATEで重視しているのは、作品とともに想いです。クオリティだけで判断すると、その可能性を摘んでしまう危険もある。多少荒削りでも、作品制作にかける想いをこのGRAPHGATEにぶつけて欲しいです。

年齢、キャリアを不問にしているのも、新たな才能を持った写真家の発掘・育成・支援のためです。例えば、広告フォトグラファーとしてキャリアを重ねた方も、仕事とは別に制作した作品を世に発表するきっかけにしていただきたいです。


撮る、発表する。2つの視点から支援する副賞


──入賞者に授与される副賞の豪華さも魅力です。

新保 グランプリ、優秀賞には賞金・写真展開催・機材のサポート・賞品・テクニカルサポートを。佳作には賞金・賞品・テクニカルサポートをそれぞれ設定しています。

写真家を目指す方の中には、活動・制作費や生活のために、別の仕事をしている人もいます。制作にかける時間が削られ、途中で諦めてしまう人も多いのが現実です。

資金面が潤沢では無い場合もあり、作風に合う機材を都度購入することは簡単ではなく、作品制作や写真展開催にもそれなりに資金がかかります。それを踏まえて、私たちキヤノンとしてまず何で力になれるのかを考えました。


──機材サポートは3年間、1回につき1ヶ月間借りられるシステムですね。

新保 機材購入のために時間を割くのではなく、作品制作に集中してもらうためです。
必要な機材を必要に応じて使って頂けますし、貸出の際にはキヤノンとのコミュニケーションも生まれます。サポートを活用して新たな作品を生み出してもらえればと考えています。

──グランプリ、優秀賞はキヤノンギャラリーでの写真展開催もあります。

新保 受賞から1年後にグランプリは品川・キヤノンギャラリー Sで、優秀賞はキヤノンギャラリー銀座、大阪で巡回展をそれぞれ開催する予定です。

撮る・発表する。両方の視点から作家活動に必要な支援としての副賞です。入賞者から素晴らしい作品が生まれ、それが世の中に伝わればという気持ちでいます。

これからもキヤノンがこれまでに紡いできた写真文化の醸成に繋がるサポートを続けていきます。




選考委員 梶川由紀氏と新保氏との対談では、さらにGRAPHGATEで目指すもの、応募者に期待することを改めて語ってもらう。対談記事はこちらから↓
https://shuffle.genkosha.com/event/other/10777.html



新保朋也(しんぼ・ともや)
キヤノンマーケティングジャパン フォトカルチャー推進課。国内・海外でのカメラのマーケティング従事後、ギャラリー運営や写真家のサポート業務を経験。写真家オーディションSHINESの企画立案。現在はGRAPHGATE担当。


【GRAPHGATE 応募概要】

【募集期間】

2023年4月3日(月)~2023年6月30日(金)



【応募と選考の流れ】

1 応募

GRAPHGATE Webサイト応募フォームに創作活動歴や今後の計画等を記入し作品と共にデータ提出。写真作品は「ピープル」「ネイチャー」「クリエイティブ」から、映像作品は「ムービー」をそれぞれ選択。


2 一次選考 (データ審査)

データ審査で佳作候補以上を選出。


3 二次選考(プレゼンテーション審査)

ポートフォリオの提出、作家本人によるプレゼンテーション。各選考委員がそれぞれ1名選出し、部門を問わず合計で最大5名を優秀賞として選出。


4 GRAPHGATE展(作品展示)

二次選考で決定した優秀賞の作品、佳作者のポートフォリオをキヤノンMJギャラリーで展示。2023年11月予定。


5 グランプリ選考会(展示&プレゼンテーション審査)

二次選考通過者(優秀賞受賞者)はキヤノンMJ本社(東京・港)にて一般公開プレゼンテーションを実施。グランプリの最終決定権はキヤノンMJ。2023年11月末予定。

【応募費用】
無料


【Webサイト】
https://cweb.canon.jp/event/photo/graphgate/


関連記事

powered by weblio




コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン