CP+ CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW2024が開催!最新現地リポートPart.3(シグマ、ソニー、玄光社編)

 カメラとイメージングの総合展示会「CP+」が、今年も2月22日から横浜の「パシフィコ横浜」にて開催となった。
コロナ禍での開催中止が続き昨年、再開となったこのイベントだが今年はインバウンドの影響も強く見られ、会場はとても賑やかだった。

ここ数年は国内イベントであるこのCP+に合わせた新製品発表も少なくなり、この会場で初お目見えの製品も珍しくなったがイメージング業界の貴重なお祭りとして楽しめるイベントだった。
(写真・文◎吉村 永)

Part.1はこちら
Part.2はこちら

●シグマ

発表されたばかりのフルサイズミラーレス用レンズ2本を展示。対角魚眼レンズでありながら驚異的な明るさを実現した「15mm F1.4 DG DN DIAGONAL FISHEYE | Art」とこれまでにない小型軽量を実現した防塵防滴仕様の超望遠レンズ「500mm F5.6 DG DN OS | Sports」を展示。どちらも3/14発売予定だ。

シグマ/ライカ/パナソニックの3社から始まった「Lマウントアライアンス」だが、加入社が増え続け、今では8社もの強力なグループでの展開となっている。

社員がいつでも自由に手に取れる写真関係書籍ライブラリーがシグマ本社にはあるのだが、これをCP+会場に再現。写真文化を大切にしながら製品を企画、設計、製造する同社の“核”ともいえる文化に触れることができる。

シンプルで無駄な装飾を廃した白と黒のブースを展開するSIGMA。同社の最近の製品デザインとの共通性、一貫性が強く感じられる。

●ソニー

スポーツの撮影体験コーナーではBMXやフェンシング、ブレイキンなどの実演が行われ、動きの速さに追いつくAFや連写の快適さを実写して試せる。

世界初のグローバルシャッター方式フルサイズイメージセンサー搭載ミラーレス一眼の「α9 III」と、世界最軽量約1,470gを誇る「FE 300mm F2.8 GM OSS」。スポーツ撮影の世界を変えてしまいそうな名コンビだ。

CP+開催前夜に発表されたばかりの「FE 24-50mm F2.8 G」。明るさを犠牲にすることなく、取り回しの良い小型サイズ、約440gの軽量を実現した設計で、毎日持ち歩ける高画質標準ズームという新しい価値を提案している。

先進的な機能とセンサー性能の高さでミラーレス随一のシステム展開を誇るソニーのブース。写真と動画、どちらもこなすハイブリッドクリエイターからの注目を浴びていた。

●玄光社

玄光社ブースでは会場限定で書籍の割引を実施中!写真の技法書や著者サイン入り本もとり揃えているので、ぜひ立ち寄ってほしい。

ちなみに営業部がプッシュするのは「伝わる!動画テロップのつくり方」と2月15日に発売した「コマーシャル・フォト4月号 (特集)料理写真徹底研究  もっと! おいしい瞬間」​。

会期中、著者がブースに立ち寄ることがあるので、サイン本を購入できるチャンスもある。

CP+(シーピープラス)2024

会場イベント:2024年2月22日(木)~ 25(日)
開場時間・10:00~18:00最終日のみ17:00まで
会場イベント:パシフィコ横浜

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか