アドビ Premiere Proがアップデートを発表 ! オーディオ編集やテキストスタイル機能が強化!

 アドビは、2024年サンダンス映画祭に先立ち、直感的で新しいオーディオ体験を搭載したアドビ Premiere Proのベータ版を発表した。
今回のアップデートでオーディオ編集をこれまでになく迅速かつ手軽なものにし、経験豊富なプロフェッショナルの作業時間を短縮する一方、初めて使用するユーザーでも必要なツールに素早くアクセスできるようになっている。

新しいオーディオワークフローでビデオ編集プロセスを強化

アドビ Premiere Pro(ベータ版)の最新機能は以下の通り!
サウンドを正確にコントロールし、クオリティを向上させるために必要なツールばかり。

● インタラクティブなフェードハンドル
クリップ上のハンドルのドラッグ操作だけでフェードを作ることができ、これまでにない速さでカスタムオーディオトランジシ
ョンを作成できる。

● 「オーディオタイプの自動タグ付け」が可能な新しいエッセンシャルサウンドバッジ
AIがオーディオクリップを「会話」、「ミュージック」、「効果音」、「環境音」として自動的にタグ付けし、新しいアイコンを追加。作業に適したコントロールにワンクリックですぐにアクセスできる。

● エフェクトバッジ
新しいビジュアルインジケーターにより、どのクリップにエフェクトがかかっているかを簡単に確認でき、さらに新規エフェクトをすばやく追加できる。

● タイムライン上の波形表示の刷新
クリップのトラックの高さを変更すると、波形のサイズも変わり、新しいカラーにより見やすくなる。

アドビ Premiere Pro のテキストスタイル機能を強化

また、日本のユーザーから要望が多かったアドビ Premiere Proのテキストスタイル機能も強化!

● エッセンシャルグラフィックスの参照用サムネイル
エッセンシャルグラフィックスのドロップダウンに、スタイルがサムネイルとともに表示されるようになり、スタイルを簡単に確認できる。

● 新しいスタイルブラウザ
新設されたアイコンビューのスタイルブラウザにより、スタイルをシームレスに閲覧して再利用できる。

● テキストの一部に属性を適用
強調したいワードや箇所だけに異なるスタイルを適用することが可能になる。

● カラーフォント対応
カラーフォントに対応しているフォントを適用することでアドビPremiere Pro 上でも表示することが可能。

他にも、1月16日から利用可能なこれらの新機能に加え、アドビの画期的なAI を活用した「スピーチを強調」ツール(不要なノイズを即座に除去し、会話の録音状態を改善)も、すべてのアドビ Premiere Pro ユーザーが利用できるよう2 月に一般提供開始を予定している。

新機能と革新的な技術を組み合わせることで、アドビ Premiere Pro のオーディオワークフローが大幅に更新され、高品質なオーディオでビデオを作成し、より少ないクリック数で最終的なミックスまで完了できるようになる。

次世代の映像制作者から業界のベテランまで、映像のプロがアドビを選択 

アドビのクリエイティブツールは6 年連続でサンダンス映画祭の映画制作者たちに最も人気があるツールに選ばれている。
今年のサンダンス・インスティテュートの調査によると、アドビ Premiere Pro が最も人気のあるビデオ編集ソフトウェアであり、『Dìdi(弟弟)』、『Will & Harper』、『FRIDA』、『Thelma』、『Little Death』を含むサンダンス映画の半数以上(57%)が使用していることがわかった。

今年のエントリー作品の3 分の2 以上(68%)はPremiere Pro もしくはFrame.io のいずれかを使用してストーリーに命を吹き込み、2024 年作品の83%は、After Effects、Photoshop、Substance 3D Collection など、アドビ Creative Cloud アプリケーションを使用している。

アドビに関する詳細な情報はこちら↓
web サイト:https://www.adobe.com/jp/about-adobe.html
◉Premiere Pro ベータ版
https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/using/premiere-pro-beta.html
アドビ株式会社
https://www.adobe.com/jp/

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。