善本喜一郎氏の「東京RETROタイムスリップ1984⇔2023」が好評発売中!

本書は同位置・同角度から撮影した、懐かしい東京と現在の東京の風景を並べて比較する写真集、「東京タイムスリップ1984⇔2021」「東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022」などロングセラーシリーズの続編。
いきいきとした昭和の人々の日常や前作よりレトロな街の激変を楽しむことができる。

新宿、渋谷はもちろん、代々木、幡ヶ谷、下高井戸、つつじヶ丘、吉祥寺、原宿、神泉、恵比寿、五反田、西麻布、六本木、新橋、銀座、有楽町、東京、秋葉原、御徒町、上野、御茶ノ水、水道橋、神田、九段、千鳥ヶ淵の1984年⇔2023年の姿を掲載。

放送作家の高田文夫氏による「頁をめくる度にマヌケな若さが逆再生」と題した、軽妙で当時の情景がありありと浮かぶ、解説も収録している。

東京 RETROタイムスリップ1984⇔2023

単行本 A4変形
128ページ
ISBN-10:4309231454
ISBN-13:978-4309231457
発売日:2023.12.26
予価2,000円(本体1,818円)
発行:河出書房新社

著者:善本喜一郎(ヨシモトキイチロウ)1960年東京都出身。森山大道や深瀬昌久に学ぶ。1983年「平凡パンチ」特約フォトグラファー。雑誌や広告などで活躍。2008年より宣伝会議にて講師。公益社団法人日本広告写真家協会(APA)副会長。

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。