画家・佐藤誠高氏、初の画集『Reality -Dancing on the Edge-』を2024年1月26日に発売!

画家・佐藤誠高にとって初の画集となる『Reality -Dancing on the Edge-』が2024年1月26日(金)に刊行される。
佐藤氏は写真と見間違えるほど精密な鉛筆画に、大胆な絵具使いで抽象的なペインティングを施す作風で、近年多くのアートコレクターから注目を集めている。

人物の目を覆い、花びらを塗り潰す。佐藤氏がモチーフとするのは、実在の人物や花など。
彼はパネルに向き合うと、まず、写真と見間違えるほどの精密さでモチーフを鉛筆の線のみで模写していく。パネルいっぱいのサイズに描き上げた鉛筆画が完成すると、自分で描いた「物を語りすぎる目」や「美しさを誇張しすぎる花弁」を色鮮やかな多色使いのアクリル絵具で大胆に塗りつぶす。一般的に人々がもっとも美しいと目を奪われる部位をあえて絵具で覆い隠すことで、モチーフ自体がもつ本来の美しさを表現している。

ストイックすぎるまでに制作活動に勤しむ佐藤氏はそのこだわりゆえ、多くのコレクターが新作を待つ寡作の画家。
作品を発表する機会も少なく、今回の作品集は、佐藤氏の作品をまとめて堪能できる貴重な1冊になっている。72点の絵画、立体作品の写真のほか、気鋭の美術批評家・山本浩貴(中公新書『現代美術史』ほか)による論考原稿を収録し、彼の描く「美」とは何かを読み解く。

プロフィール

佐藤誠高(さとう なりたか) 
1980年、愛知県生まれ。2008年、東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。2007年、第8回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)にてグランプリを受賞。2017年、Independent Tokyo 2017にてグランプリ受賞。主な個展に「DUAL」(2019/みんなのギャラリー、東京)、「RAW」(2021/Hiro Hiro Art Space、台北)、「Show Case」(2022/SCÈNE、東京)、「REVEAL」(2022/GR Gallery、ニューヨーク)など。

『Reality -Dancing on the Edge-』
発行|カルチュア・コンビニエンス・クラブ
発売|美術出版社
価格|7,500 円+税
発売日|2024年1月26日(金)
仕様|156ページ、 B4 変形
ISBN|978-4-568-10576-6 C0071

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。