写真家 興梠真穂氏が撮影したアイナ・ジ・エンドの歩んだ約10年間の軌跡。アイナ・ジ・エンド photo exhibition ‐幻友‐が開催!

本展は、アイナ・ジ・エンド氏初となる写真集『アイナ・ジ・エンド1st写真集 「幻友」』の発売記念として、写真家 興梠真穂氏が撮影したアイナ氏の歩んだ約10年間の軌跡や、飾らない日常風景を写真展として表現する。
展覧会に合わせて本人が作詞作曲した展覧会オリジナル音源を聴きながら楽しむことができる。

会場では、写真集「幻友」の特装版『幻友 PARCO EDiTiON』を販売するほか、展覧会用にアイナ氏が書き下ろしたオリジナルの楽曲を収録したLPレコードの受注販売商品や、展覧会記念商品の販売も予定している。

写真と音楽から表現されるアイナ氏らしい世界感に注目が集まる。

プロフィール


アイナ・ジ・エンド

天性のハスキーボイスと独自の表現力を持ち、2021年に全曲作詞作曲の1stアルバム『THE END』をリリースし、ソロ活動を本格始動。
23年6月に惜しまれながらもBiSHを解散し、現在はソロとして活動中。
24年1月にはTBS系日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』主題歌「宝者」を書き下ろし、3月公開映画『変な家』主題歌として「Frail」が決定している。
アーティスト活動と並行して22年、日本初上演となるブロードウェイミュージカル「ジャニス」では主演のジャニス・ジョプリン役を演じ、23年10月には岩井俊二監督映画『キリエのうた』で映画初主演を務め、第47回日本アカデミー賞新人俳優賞・第48回報知映画賞新人賞など数々の名誉ある賞を受賞。
3月に行われたワンマンツアー“Grow The Sunset”のチケットは即日SOLD OUTとなり、9月には自身初の武道館公演“ENDROLL”の開催を発表している。

公式HP:https://ainatheend.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/ainatheend_official/
公式X:https://x.com/aina_BiSH4

フォトグラファー
興梠真穂(こおろぎ まほ)
東京生まれ 
2016年独学で写真を始める

展覧会情報

アイナ・ジ・エンド photo exhibition ‐幻友‐
2024年3月29日(金)〜 4月15日(月) 11:00-21:00  
会場:PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)東京都渋谷区宇田川町15-1
入場料:一般 1,000円(税込)/小学生以下無料
https://art.parco.jp/museumtokyo/detail/?id=1434

書籍情報
『アイナ・ジ・エンド1st写真集 「幻友」』
著者:アイナ・ジ・エンド
撮影:興梠 真穂
デザイン:大橋 修・森谷崇識(thumb M)
発売日:2024年4月6日(土)
定価:¥2,700(税込¥2,970)
仕様:A4変形版(225×297mm)/カラー128P
発行:株式会社ムービーウォーカー
発売:株式会社KADOKAWA
© MOVIE WALKER 2024 Printed in Japan

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか