「平間至展 写真のうた -PHOTO SONGS-」が郡山市立美術館にて開催決定!

©Itaru Hirama

タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」のキャンペーンポスターをはじめ、多彩なアーティストを撮った「音楽が聴こえてくるような躍動感のあるポートレート」によって、それまでにない新しい写真のスタイルを打ち出してきた写真家・平間至氏。

昨年、東京・ヒカリエホールにて開催され大好評だった「平間至展 写真のうた -PHOTO SONGS-」が郡山市立美術館にて開催されることが決定した。

宮城県塩竈市の写真館に生まれ、音楽に強い影響を受けて育った平間氏は「写真と音楽」
を普遍的なテーマとし、30 年以上にわたって第一線でカルチャーシーンを牽引している。

そうした中、故郷に甚大な被害をもたらした2011 年の東日本大震災は、平間氏にとって大きな転機となった。
平間は「写真が魂の居場所となるのではないか」という深い想いとともに、2015 年、自分の原点として再認識した写真館を東京に開いた。
以来、写真館という場において、人びとや家族それぞれの「今この瞬間」を歓待し、大切な記憶を紡ぐ写真を撮り続けている。

©Itaru Hirama
©Itaru Hirama

本展は、平間至氏の初期作品からアーティストを撮った選りすぐりのポートレート群、
ダンサー・田中泯氏や自らの心象風景を銀塩プリントで提示したシリーズ、平間写真館
TOKYO で撮影された作品群、幼い娘の日常写真と彼女の絵画で構成される〈ミーナ
の世界〉、愛猫ミーちゃんを撮影したシリーズなど約250 点で構成されている。さらに、
郡山市出身のクリエイティブ・ディレクター箭内道彦氏とのコラボレーションから生まれ
た写真も併せて紹介。

多様なフィールドを横断し、写真の可能性を問い続ける平間至氏の表現世界を見ることができる。

展覧会情報
平間至展 写真のうた -PHOTO SONGS-

会期:2024 年7月6日(土)~8月25 日(日)
休館日:毎週月曜 (7/15 、8/12 は開館7/16 、8 /13 は休館)
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30 まで)
会場:郡山市立美術館(福島県郡山市安原町字大谷地130-2)
入場料: 一般1,000 円(800 円)/高校・大学生 700 円(560 円)/中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は無料

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか