第1回GRAPHGATEグランプリ・優秀賞受賞者による個展「第1回GRAPHGATE企画展」を開催

キヤノンMJが開催する、写真・映像作家発掘オーディション「GRAPHGATE」。2023年に開催した第1回では、グランプリ1名、優秀賞4名を選出した。
5名には副賞の一つとしてキヤノンギャラリーでの個展開催の機会を提供しており。今回全国のキヤノンギャラリーにて「第1回GRAPHGATE企画展」を開催する。

キヤノンギャラリー S (品川)では、太陽光パネルの撮影を通じて人と太陽光パネルの共棲を訴えグランプリを受賞した逸見祥希氏の個展を、キヤノンギャラリー銀座・大阪では優秀賞を受賞した奥田侑史氏、稲垣翔太氏、宮田草介氏、オカダキサラ氏の個展をそれぞれ開催する。

本展では、第1回GRAPHGATEに出品した作品のほか、第1回開催の終了後にさらに自身のテーマを追及して制作した新たな作品などを展示し、5名が第1回GRAPHGATEを通して語ってきた、これまでの創作活動に込めた熱意や、これからの作品制作に込める情熱や意欲など、その想いを表現する一つの通過点となる。

作家情報

逸見祥希 | Yoshiki Hemmi

会期:11月14日(木)~12月16日(月)(キヤノンギャラリー S )
タイトル:光さす杜の声を聴く(ひかりさすもりのこえをきく)
プロフィール:1994年生まれ、青森県三沢市出身。日本大学芸術学部写真学科卒業。2019年から2022年まで同大学助手。
実家のある青森県六戸町で大規模な太陽光発電開発が始まったことをきっかけに、ソーラーパネルの撮影を開始。現在は早稲田大学社会科学研究科に在籍し、写真を通じた太陽光発電の社会的受容性の変化について研究活動を行っている。
https://yoshiki-hemmi.me/

奥田侑史 | Yuji Okuda

会期:7月30日(火)~8月3日(土)(キヤノンギャラリー銀座)
   9月3日(火)~9月7日(土)(キヤノンギャラリー大阪)
タイトル:家具の映像
プロフィール:東京都武蔵野市出身。2014年より映像制作を開始し、企画・監督・撮影・編集などマルチに活動。
ジョナサン・グレイザー、スパイク・ジョーンズ、クリス・カニンガムなどが監督したミュージックビデオに衝撃を受け、小津安二郎や市川崑などの“静”的カメラワークをミュージックビデオで表現したいと考えキャリアをスタート。
「人間の内面をどのように映像として表現するか?」ということを共通したテーマとしている。
https://linktr.ee/yujiokuda/

稲垣翔太 | Shota Inagaki

会期:8月5日(火)~8月10日(土)(キヤノンギャラリー銀座)
   9月10日(火)~9月14日(土)(キヤノンギャラリー大阪)
タイトル:WHY I CAN
プロフィール:コロナ禍を機にドキュメンタリー映像を見る機会が増えたことで、映像が持つ「伝える力」に興味を持ち、大阪の映像制作会社に就職。アシスタントマネージャー業務を経て、映像を制作するため一年後に独立。その後、結婚式や飲食系のプロモーション映像の制作をメインに活動。現在は自主制作でドキュメンタリー映像に取り組んでいる。
Instagram:@show_time_ina

宮田草介 | Sosuke Miyata

会期:9月3日(火)~9月7日(土)(キヤノンギャラリー銀座)
   10月1日(火)~10月5日(土)(キヤノンギャラリー大阪)
タイトル:川
プロフィール:群馬県高崎市出身。10代で音楽制作に目覚め単身米国ニューヨークへ渡る。
以後、音楽アーティストとして活動し海外を遍歴する中で写真表現に出会う。2019年に自身初の個展を開催し、インド・ラダック地方で暮らす少女との長年に渡る交流をテーマにした作品を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響を受け帰国後、国内に留まる中、日本の伝統的な芸術文化に傾倒。2022年に俳句をテーマとした作品を発表した。2023年、第1回GRAPHGATE優秀賞受賞。2024年、宮田裕介から現在の作家名へ改名。
https://www.yusukemiyata.com

オカダ キサラ | Kisara Okada

会期:9月10日(火)~9月14日(土)(キヤノンギャラリー銀座)
   10月8日(火)~10月12日(土)(キヤノンギャラリー大阪)
タイトル:きっと今も光って
プロフィール:東京生まれ、武蔵野美術大学卒業。「街が見逃した奇跡の現場」をテーマにストリートスナップを撮り続けている。2011年、第4回1_WALLファイナリスト。2015年、Juna21に入選。2016年、コニカフォトプレミオ入選。2023年、第1回キヤノン「GRAPHGATE」優秀賞受賞。2024年より、えるマネージメントに所属。2024年1月に初の作品集「新世界より」刊行。
https://www.okadakisara.com/
Instagram:https://www.instagram.com/okadakisara/
X:https://twitter.com/oKadaKisara

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか