本城直季氏の写真展が虎ノ門のart cruise galleryで開催!

アートギャラリー「art cruise gallery by Baycrew’s」にて、本城直季氏の写真展、第3回展示『Small Cruise(スモールクルーズ)』が開催される。
“シノゴ”と呼ばれる4×5のフィールドカメラ(大判カメラ)を使用して人物や風景などをミ ニチュアのように撮影する独特のスタイルを確立した本城氏は、写真集『small planet』で 第32回木村伊兵衛賞を受賞。2022年には初となる大規模個展『un(real) utopia』を東京都写真美術館で開催しら。

本展では、代表作『small planet』をはじめ、『東京』『京都』『tohoku311』『plastic nature』 『kenya』などの写真集から年代、エリア、テーマを定めず、横断して作品をピックアップ。本展のために撮り下ろした新作を含む32作品を展示する。

しばしば「虚構」「非現実」など、クールな言葉で表現される本城氏の写真作品だが、一方で、俯瞰の目線で写される風景から感じられるのは、作家自身が「まち」や「ひと」に 向けるあたたかな眼差し、表面的な情報の省略は人々や動植物、自然の営み、息遣いをより色濃くし、物事の本質を浮き彫りにする。
何を「見て」、何が「見える」のか。主観と客観を行き来させながら、本城直季が捉えた小さな地球、非現実のユートピアの巡航を楽しむことができる。

© Naoki Honjo / Stockholm, Sweden, 2004
© Naoki Honjo / shimogamo-jinja, Kyoto, 2007
© Naoki Honjo / Toranomon, Tokyo, 2024

作家情報
本城直季 / 写真家
1978年、東京都生まれ。
東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻修了。
蛇腹の付いた大判フィルムカメラを利用し、風景をジオラマのように撮影する独特の手法で作品を生み出す。
『small planet』(リトルモア、2006年)で木村伊兵衛写真賞を受賞。
作品制作を続ける傍ら、ANA機内誌『翼の 王国』で連載するなど、幅広く活動している。
作品はメトロポリタン美術館やヒューストン美術館、東京都写真美術館などにパーマネントコレクションとして収蔵されている。

展覧会概要
Small Cruise
会期:2024年6月28日(金)〜2024年8月22日(木)
場所:虎ノ門ヒルズ ステーションタワ ー3F SELECT by BAYCREW’S 内
art cruise gallery by Baycrew’s
https://artcruisegallery.com/

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか