Mathieu Rouaux写真展「Backstage of the Royal Danish Ballet」が7月4日より開催!

アイデムフォトギャラリー「シリウス」にてMathieu Rouaux 写真展「Backstage of the Royal Danish Ballet」が開催される。

創作意欲あふれる若手写真家(39歳以下を対象)に作品発表の場としてギャラリーの写真展枠などを提供する支援プロジェクト「プロキオン・フォース」を開催しているアイデムフォトギャラリー「シリウス」。今回はMathieu Rouaux (マチュー・ルオー)氏の写真展を支援・開催する。

10年前、ダンサーとしてのキャリアをスタートさせたパリ・オペラ座バレエ団で「舞台写真」を撮り始めたMathieu Rouaux氏。当時はデジタルカメラを使って舞台袖から撮影し、振付を深く理解することに注力していた。
2年前、母親のカメラでフイルム写真を撮ることを思いつき、アナログの魅力に心を奪われ、劇場撮影を始めた。
現在所属しているデンマーク王立劇場には専属フォトグラファーがおらず、幸運なことに撮影の機会を独占している。
ダンサーとしての視点からインスピレーションを得て、写真展では2022年から2023年に撮影した「ラ・シルフィード」「ジュエルズ」「白鳥の湖」「ジゼル」など日本でもなじみ深い作品を、舞台裏の様子も併せて紹介する。

プロフィール
Mathieu Rouaux (マチュー・ルオー)

1995年、フランスのサン・マロに生まれる。
パリ・オペラ座バレエ団、ハンブルク・バレエ団を経て現在は1741年設立のデンマーク王立バレエ団に所属するプロのバレエダンサー。
10代の頃より写真に興味を持ち、バレエダンサーの舞台裏リハーサルやステージ上の姿をフィルム・カメラのみで撮影。
ダンサーとしての視点で被写体をとらえ、演者の素顔やふとした瞬間、舞台に取り組む姿を生き生きと表現し、バレエの魅力を伝えている。
デンマーク、コペンハーゲン在住。

展覧会概要
Mathieu Rouaux写真展「Backstage of the Royal Danish Ballet」

会場:アイデムフォトギャラリー[シリウス]
(東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分)
〒160-0022 新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
期間:2024年7月4日(木)~7月10日(水)
開館時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)
休館日:日曜日
入場料:無料

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか