中村照夫氏の写真展 “『NY Groove 24』Photo by Teruo Nakamura Exhibition” が7月18日(木)より開催!

レコード専門店「HMV record shop 渋谷」内に、2023年5月11日(木)にオープンしたギャラリースペース「Bankrobber LABO(バンクロバーラボ)」にて写真家 中村照夫氏による展示”『NY Groove 24』Photo by Teruo Nakamura Exhibition”が開催される。

ジャズ・ベーシスト、プロデューサーとして活躍する中村照夫氏は、日本人ジャズメンとして前代未聞の全米チャートTOP10入りを果たすなど、まさにレジェントともいえる存在。今回は、中村氏のもう一つの顔である写真家としての魅力に迫る。本展では、中村氏が撮影し、数々のレコードジャケットを飾った、ニューヨークの情景を切り取った作品を展示。
作品から溢れるCOOLなグルーブを感じることができる。

プロフィール
中村照夫 なかむら・てるお


1942年3月1日 東京・神田に生まれる。日本大学芸術学部中退後、1964年5月に単身ニューヨークへ。
レジーワークマンに師事し、スティーブ・グロスマンやレニー・ホワイトをはじめ、若手ミュージシャンとの交流を経て、ロイ・ ヘインズのバンドでプロデビュー。
その後、スタンリー・ターレンティンのバンドにレギュラー参加するなどベーシストとしての腕を磨き、1973年に初リーダー・アルバム『ユニコーン』をリリース。
また、自己のバンド”ザ・ライジングサン”を結成し、アルバム制作やライブ活動を精力的に行い、全米ジャズ・チャートでトップ10入りし、1979年には日本人ジャズメンとして初めてカーネギー・ホールへの出演を果たす。”ザ・ライジングサン”のアルバムの中の曲「Steppin’ With Lord」 という曲は26万人にアクセスされ、現在も多くの人に聞かれている。その後もベーシストとしてだけではなく、他のアーティストの作品のプロデュースにも携わる。
2009年12月には、PONYCANYON RECORDをディストリビューターに、自身の『Cheetah』レーベルもスタート。
また、大規模コンサートのプロデューサーとしても活躍。14年以上にわたり、エイズ患者救済を目的としたコンサートを日米で開催した。

展覧会概要
『NY Groove 24』Photo by Teruo Nakamura Exhibition
開催期間:2024年7月18日(木)~2024年7月29日(月)
会場:Bankrobber LABO(バンクロバーラボ)
所在地: 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-2 HMV record shop 渋谷 2F
営業時間:11:00~21:00 ※HMV record shop 渋谷の営業時間に準ずる
入場料:無料
▶Bankrobber LABO 公式ページ:https://www.hmv.co.jp/news/article/230421155/
▶Bankrobber LABO 公式Instagramアカウント:@bankrobber_labo

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか