Brilliaのアートの取り組みが拡大。新公募展「Brillia Art Award Wall」開催!

東京建物が、マンションブランド「Brillia」におけるアートの取り組みを拡大し、公募展「Brillia Art Award Wall」を新設する。
公募展「Brillia Art Award Wall」第1回については、2024年6月28日(金)より募集を開始し、9月中旬より「Brillia Gallery 新宿」にて展示を予定している。

東京建物は、アート作品には暮らしを豊かにするきっかけや可能性が秘められていると考え、アートに関する取り組みを実施している。
2018年には、次世代を切り開く先進性を持ったアーティストとの出会いや応援を目的とした公募展「Brillia Art Award」を立ち上げ、入賞作品を東京建物八重洲ビル1階のBrillia Lounge内「THE GALLERY」で展示を行った。

今回新設する公募展では、募集対象を平面作品のみとし、応募資格は年齢や国籍、プロ・アマチュア、個人・グループなどを問わず、あらゆるアーティストに門戸を広げている。
入賞作家は2名、それぞれの入賞作品の展示期間は約5ヶ月を予定している。

審査員

ハービー・山口(写真家)
曽谷 朝絵   (美術家)
齋藤 由里子  (公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団)
佐々木 洋一  (東京建物株式会社 住宅営業第一部長)

Brillia Art Award Wall 開催概要
募集期間:2024年6月28日(金)~8月16日(金)
審査発表:2024年9月上旬
入賞:2名(予定)
賞金:20万円
特典:デジタルプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」への登録権利
※入賞作品は「Brillia Gallery 新宿」のエントランスで展示予定。
応募方法詳細:Brillia Art Award公式サイトの募集ページ参照

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか