品川キヤノンギャラリーSにて中野正貴 写真展「Pathos」が開催!

品川キヤノンギャラリーSにて2024年8月2日より、中野正貴による写真展「Pathos」が開催される。

タイトルの「Pathos(パトス)」はギリシャ語で情熱や欲情、情念、哀愁などの快楽や苦痛を伴った感情状態を意味する。

本展は、2000年前後にキューバや香港など海外で捉えた約80点の作品から構成。中野氏は、新しい世紀に突入する希望と不安が交差していた時代、そのはざまで揺れ動きながらも、強く生き抜いていこうとする人々に魅せられシャッターを切った。

常に日本と比較しながら撮影された作品からは、政治や経済の過渡期の中でたくましく生きる人びとの生命力を感じ取ることができる。

昨今の日本国内の情勢に思いを馳せながら作品を鑑賞すると、喜び、恐れ、怒り、悲しみなど人間の根本的な感情がその国の風土や価値観と融合し、文化の形成に影響を与えていることに気づくかもしれない。

写真展概要

開催期間:2024年8月2日(金)〜2024年9月24日(火)

開館時間:10時〜17時30分

休館日:日曜日・祝日 (夏季休業日:8月11日(日)〜8月18日(日))

会場:キヤノン S タワー1階 キヤノンギャラリー S 東京都港区南2-16-6

アクセス:JR品川駅港南口より徒歩約8分、京浜急行品川駅より徒歩約10分

入場料:無料

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか