ライカギャラリー表参道にて、阿部裕介 写真展「Shanti Shanti」開催

阿部裕介による写真展「Shanti Shanti」が、ライカギャラリー表参道にて2024年8月2日から10月27日までの期間開催される。国内3店舗目のフラッグシップストアとして2024年4月12日にオープンしたライカ表参道店の2Fに構えるライカギャラリー表参道。“ライカギャラリー”と呼ばれるライカのオフィシャルギャラリーは国内では銀座・京都に続き表参道が3拠点目となる。

インド・バラナシの変わりゆく街並みと、そこに暮らす人々の変わらない眼差し。激動の時代に生きる彼らの日常を捉えた作品を展示する。

インド上空、飛行機の窓をのぞくと街の灯りはオレンジから白い光になっていた。

懐かしさが残るタングステンの照明は、流行りのLED に支配されていた。

私は、いまだにその懐かしさを求めてひたすらに路地の奥へと足を踏み入れる。

変わりゆく街並みとは対照的に、そこに暮らす人々の変わらない眼差しが残っていた。

火葬場で凧揚げをする子供たちやガンジス川で沐浴する人々、

路地でチャイを飲みながら語る姿を見ると、なぜか安心してしまう自分がいる。

激動の時代に生きる彼らの当たり前の日常をこの先も記録していきたい。

写真展概要

会期:2024年8月2日(金)〜10月27日(日)
会場:ライカギャラリー表参道(ライカ表参道店 2F)
   東京都渋谷区神宮前 5-16-15
   11:00-19:00|月曜定休|入場無料
展示作品数:15点
https://leica-camera.com/ja-JP/leica-galleries/leica-gallery-omotesando

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか