最強ブツ撮りライティング|自宅撮影チャレンジ

第2回 エッジのハイライトで魅せる|秋葉康至/時間の色の表現|市川森一

撮影:秋葉康至/市川森一

1. LEDの多灯撮影でエッジのハイライトを演出

img_tech_saikyo_02_01.jpg撮影:秋葉康至

セッティングスペースをコンパクトにするために、LEDライトをチョイス。周辺環境に影響が出やすいストロボと違い、小スペースでの撮影に向いているように感じた。最近はカメラの性能が上がり、低光量でも撮影できるのでLEDも使用できる。手軽に購入でき、様々な種類のLEDも増えてきているのも魅力だ。

撮影メモ

img_tech_saikyo_02_02.jpg

普段であればストリップライトなどを使用するところを、LEDならではの並列した光源でエッジのハイライト演出を施した。また照射面を回転させることで、様々なハイライトやグラデーション表現も幅が広がった。

秋葉康至 あきば・やすゆき
1985年千葉県生まれ。2017年 上野山氏に師事後、独立。ブツ撮りをメインに広告、カタログで活動。
akibaxx.com/

2. 自然光の変化を一枚絵で表現

img_tech_saikyo_02_03.jpg撮影:市川森一

真っ白な幾何学石膏を、自然光のなかで1日中撮り続けた後、各面に違う写真を合成したシリーズだ。タイトルは「accumulated times」。幾何学石膏の各面の色は、1日の異なる「時間の色」を表している。

img_tech_saikyo_02_04.jpg img_tech_saikyo_02_05.jpg

撮影メモ

img_tech_saikyo_02_06.jpg img_tech_saikyo_02_07.jpg

自然光の色が移り変わることは、当たり前のように知られていても、その色が実際にどのくらい変化するのかは案外曖昧である。その変化の幅を1枚の絵で表現してみたくて、このシリーズを始めた。

市川森一 いちかわ・しんいち
1985年福岡県生まれ。東京藝術大学音楽学部卒業後、日本写真芸術専門学校Ⅱ部卒業。2012年ヴィーダ(アマナグループ)入社、2015年独立。徳田竜司とともに初台にスタジオを構える。
s-ichikawa.com

※この記事はコマーシャル・フォト2020年7月号から転載しています。


コマーシャル・フォト最新号/2020年10月号

img_tech_saikyo_01_05.jpg

【特集】マクドナルドの広告革命
別冊付録「2020 STUDIO DATA BOOK」
2020年9月15日発売 定価:本体1,909円+税

関連記事

powered by weblio




コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

Inter BEE 2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン