最強ブツ撮りライティング|自宅撮影チャレンジ

第3回 水とインクが創り出す幻想的な世界観|小暮和音

撮影:小暮和音

水とインクを使用し、幻想的な世界観を風呂場で撮影

img_tech_saikyo_03_01.jpg

今回はパーソナルワークのため、広告写真というよりはバーなどに飾ってもらえるような写真を目指した。普段からインクを使った写真は仕事でも作品でも良く撮影しているが、今回は高価なライトやスタジオがなくても狭いお風呂場でどこまで撮影できるかに挑戦。ふと、機材を持っていない学生時代の作品撮りが頭に浮かんだ。


撮影メモ

img_tech_saikyo_03_02.jpg ❶大きなライトは使えないため、メインライトとヌキのライトにヒカル小町、ハイライト用にクリップオンストロボを使用。

ヒカル小町は調光が出来ないため、ヌキ用にはND フィルターをつけて光量を調整。ヌキのライトはフラットに当てるのではなく、立体感を出すためにもアクリルにライトを近づけて左側にセットし、商品の右側部分に光を感じるようなセッティングに。


img_tech_saikyo_03_03.jpg ❷上から見た図。


img_tech_saikyo_03_04.jpg

❸同じライティングで水槽と、黒布の背景をセット。商品とカメラの位置関係も同じにする。


img_tech_saikyo_03_05.jpg

❹様々な色のインクでシャッターのタイミングやインクの出し方を検討し、インク素材を撮影。水槽の水を何度も入れ替えるので、風呂場での撮影は普段のスタジオよりもスムーズに進めることができた。ビンの画像にレタッチでインク素材を足す。


小暮和音 こぐれ・かずね
1990年生まれ。アマナグループVda 入社、吉田明広氏に師事。2014年PARADE 設立と共に参加。坂本覚氏に師事。アマナグループ退社後、2016年に小暮和音写真事務所を設立。2019年、コントラスト(CONTRAST Inc.)を設立。
contrast-photo.jp

※この記事はコマーシャル・フォト2020年7月号から転載しています。


コマーシャル・フォト最新号/2020年10月号

img_tech_saikyo_01_05.jpg

【特集】マクドナルドの広告革命
別冊付録「2020 STUDIO DATA BOOK」
2020年9月15日発売 定価:本体1,909円+税

関連記事

powered by weblio




コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

Inter BEE 2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン