Final Cut Pro タイトルの基本

タイトルワークの基本「アウトラインテキスト」

解説:斎賀和彦 作例映像:南雲暁彦(凸版印刷)

Final Cut Proにおけるタイトルワークは多様なツールがある。それゆえどれを使うべきか戸惑うが、基本としてマスターしたいのが「アウトラインテキスト」。他のテキストツールは、この「アウトラインテキスト」をそれぞれ特殊な形にカスタマイズしたものと言える。なおヒラギノをはじめとするMac OS Xにバンドルされるフォントは映像作品を含め商用利用可能である。

まずは「サンプルテキスト」というダミータイトルを配置

img_soft_fcp_title01_01.jpg

Final Cut Pro のエフェクトは、設定を「ビューア」で行ない、「キャンバス」でその結果をプレビューする基本ルールがあり、テキストも同様。そのため一度ダミーを配置しそれを編集する形をとる。

❶「ジェネレーター」ボタンをクリック
img_soft_fcp_title01_01b.gif
❷「ジェネレーターポップアップメニュー」から「アウトラインテキスト」を選択
img_soft_fcp_title01_01c.gif
❸ビューアに「サンプルテキスト」が表示される
img_soft_fcp_title01_01b.gif
img_soft_fcp_title01_01c.gif
img_soft_fcp_title01_02.jpg
❹タイトルを乗せるクリップに再生ヘッドを合わせる(またはイン点/アウト点を設定)
❺「サンプルテキスト」を「スーパーインポーズ」にドラッグ&ドロップ
img_soft_fcp_edit01_yajirushi03.gif
ダミーテキストが表示される。これを修正していく
❻タイトルクリップが配置される。ダブルクリックしてビューアに表示
img_soft_fcp_title01_03.jpg
必ず「タイムライン」に配置されたタイトルクリップを「ビューア」で開いて、それに対して作業を行なう。
img_soft_fcp_title01_02b.gif
img_soft_fcp_edit01_yajirushi03.gif img_soft_fcp_title01_04.jpg
❼「コントロール」タブをクリックしてタイトルの設定画面を開く
フォントサイズ、装飾、その他ほとんどの内容がリアルタイムに反映される。テキスト内容はリドローが必要。

キャンバスの表示を見ながら修飾を加えていく

文字を打ちかえて書体やサイズを変更する

img_soft_fcp_title01_05.jpg
ダミーの文字属性
img_soft_fcp_edit01_yajirushi03.gif

「サンプルテキスト」を打ちかえてタイトルを作成し、デフォルトで設定されている「フォント」や「サイズ」を変更する。テキストフィールドには他のデータからコピー&ペーストが可能。

img_soft_fcp_title01_06.jpg
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_title01_07.jpg

文字色や縁取り等装飾を設定

img_soft_fcp_title01_08.jpg
カラーパレット
img_soft_fcp_title01_08b.gif

続いて色やその他「文字装飾」を設定する。「線幅」が文字の縁(輪郭線)を意味することに注意。「線の柔らかさ」を設定すると下図のような効果が得られる。

img_soft_fcp_title01_09.jpg
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_title01_10.jpg

動画や静止画を貼り付ける

img_soft_fcp_title01_11.jpg
cut_002の空を貼り付けた

「テキストのグラフィック」は文字の表面のこと。ここに画像を張り込んでテクスチャーにできる。動画もOK だが張り込まれるのは最初のフレームの静止画。

img_soft_fcp_title01_12.jpg
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_title01_13.jpg
img_soft_fcp_title01_14.jpg

文字の位置はキャンバス上で調整

画面の中での文字の位置(レイアウト)は「コントロール」タブの「中心」でも設定可能だが、キャンバスの「イメージ+ワイヤフレーム」で配置する方が楽。

タイトルの複数配置

「アウトラインテキスト」は文字のサイズや色を混在設定できないので、下図のようなタイトルは複数のテキストクリップをトラックで重ねて作成する。トラックが別れるためそれぞれフェードイン/アウトのタイミングをずらしたりできるメリットもある。

img_soft_fcp_title01_15.png
img_soft_fcp_title01_15b.png
フェードイン/アウトはレイヤーの不透明度で設定(参照:キーフレームを使って効果を変化させる / フリーズフレームとオーバーラップ


※この記事は「Final Cut Pro 実践講座」から抜粋しています。

おすすめ商品・アイテム

写真:Final Cut Pro 実践講座

玄光社MOOKFinal Cut Pro 実践講座

Final Cut Proを快適に使いこなすために、必要な機能だけを厳選し、分かりやすく解説。基本から応用、実践まで、ステップ バイ ステップでマスターできる。

定価2,499円(税込)

斎賀和彦 Kazuhiko Saika

CM企画/演出時代にノンリニア編集勃興期を迎える。現在は駿河台大学メディア情報学部、デジタルハリウッド大学院等で理論と実践の両面から映像を教えながら、写真、映像作品を制作。
ブログ http://mono-logue.air-nifty.com/
ツイッターアカウント http://twitter.com/SAIKA

関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン