プロに教わるポートレイト・レタッチ

Photoshopを使って素顔をデジタルメイクアップする

解説:久保博己(レタッチャー/フォートン)

PhotoEDGE600px.png

今回は化粧品やファッションなどの広告に欠かせないビューティーレタッチに注目。このレタッチ技術を使えば、スッピンのモデルもフルメイクに仕上げることができるという。フォートンのレタッチャーが現実のメイクのようなブラシ使いで仕上げる、デジタルメイクアップ法について見ていこう。

今回は、Photoshopを使ったデジタルメイクアップについて解説します。

まず全体の流れを紹介します。最初にベースメイクとして、ファンデーションを塗ったような、なめらかな質感の肌にします。アイメイクは、アイシャドウのカラーとラメ感を加えていきます。アイシャドウはブラシで描き、まつ毛はPhptoshopの3D機能を使って足します。そして最後に、チークとリップを塗ります。リップを滑らかにする方法として「パスぼかし」を使います。

img_soft_portrait03_01a.jpg オリジナル画像
img_soft_portrait03_02.jpg レタッチ後

ベースメイクで肌をなめらかにする

ではディテールを説明していきましょう。まず、基本的なシミ消し、ホクロ消しをスタンプツールで行ないますが、この内容は今回は省略します。

img_soft_portrait03_03b.jpg シミ消し、ホクロ消しの作業後
img_soft_portrait03_03c.jpg 後のファンデーションの作業に使用する肌部分のマスク

この状態から、肌のざらつきや色ムラを押さえて、ファンデーションを塗って統一されたスムーズな感じを表現していきます。

まず、肌のハイライトに濃度を乗せて毛穴感を抑えるために、ハイライト部分のマスクを作ります。「新規調整レイヤー」の「チャンネルミキサー」を使ってハイライト部分のみが強調された白になるよう、今回はブルーフィルターをかけたモノクロを使います。さらに「平行調整」スライダーを調整して、ハイライト部分がなるべく白く、それ以外は黒くなるような状態にもっていきます。

img_soft_portrait03_04.jpg
img_soft_portrait03_05a.jpg
「チャンネルミキサー」を使ってハイライトのみを強調

これを選択範囲にするため、「チャンネル」パネルの「RGB」をControl(MacはCommand)キーを押しながらクリックしてマスクを作ります。さらに色調補正のトーンカーブでマスクのハイライトを強調します。これで肌のハイライト部分のみを調整できるマスク用の画像ができました。

img_soft_portrait03_06.jpg
img_soft_portrait03_07a.jpg
さらに「トーンカーブ」で調整し、肌のハイライト部分のみを調整するマスク画像が完成

上の画像をマスクにした調整レイヤーの「トーンカーブ」で、ハイライト部分に肌の色味を乗せることで、テカリが抑えられて毛穴やざらつきが目立たない、マットな状態になりました。

img_soft_portrait03_08a.jpg
img_soft_portrait03_09a.jpg
調整レイヤーの「トーンカーブ」でハイライトに肌色が入ってマットな肌になった

鼻の部分にまだ少しテカリが残っているので、鼻の部分だけさらにトーンを落とし、鼻の形を整えることもこのカーブを使ってやっています。

img_soft_portrait03_10a.jpg
img_soft_portrait03_11.jpg
鼻のハイライトをさらに抑えた状態(左)と、その時使用したマスク(右)
img_soft_portrait03_15.jpg img_soft_portrait03_14.jpg

次に、口周りのシアンぽさや黄色っぽさといった色ムラを抑えるため、「新規調整レイヤー」の「べた塗り」を使います。肌の色をサンプリングし、これをレイヤーの描画モードを「色相」にすることで、サンプリングした色の色相に全体が統一されるという効果があります。ファンデーションを肌全体に塗ったイメージで、色相を統一して色ムラを抑えたわけです。

色浮きをしている部分のみに、あまりベタッとブラシのエッジが出ないように、なるべく柔らかいブラシでふわっと乗せていくと、よりメイク感が出ると思います。これでベースメイクができました。

img_soft_portrait03_12a.jpg
img_soft_portrait03_13a.jpg
「べた塗り」を「色相」で重ねて色ムラを抑えた(口周りを拡大)

ただ、これだとツヤ感がなくなって立体感がなくなりすぎているので、より肌がしっとりするような、なめらかなツヤを足していきます。先ほどと同じく、「チャンネルミキサー」と「トーンカーブ」を使ってハイライト部分のみが白くなったマスク用画像を作ります。これをさらにフィルターでぼかし、なめらかな選択範囲にします。今回は「ぼかし(ガウス)」を25くらいかけました。

img_soft_portrait03_16.jpg
img_soft_portrait03_17.jpg
「チャンネルミキサー」と「トーンカーブ」でハイライト部分のみを白くして(左)、「ぼかし(ガウス)」をかける

これをマスクにした調整レイヤーの「トーンカーブ」を下から持ち上げると、元にあるツヤがなめらかに入った状態が作れます。描画モードは「通常」よりも、「覆い焼き(リニア)加算」にするとよりツヤ感が足されます。

img_soft_portrait03_18a.jpg
img_soft_portrait03_19a.jpg
元にあるツヤがテカることなくなめらかに入った

さらにレイヤーを複製して、ボケ幅の違うマスクのレイヤーを重ねると、滑らかさが2段階になります。レイヤーパネルの「不透明度」を片方は30%、片方は40%といった具合にミックスすれば、より奥行き感のあるハイライトを作ることができます。

img_soft_portrait03_20a.jpg
img_soft_portrait03_21a.jpg
「べた塗り」のファンデーション効果までの状態(左)に、2段階でツヤを加えた画像(右)

あとはスキントーンを調整します。調整レイヤーの「トーンカーブ」「色相・彩度」「特定色域の選択」を使って色味を調整していきますが、今回は色白な方向に調整しています。この後に入れるアイシャドウやラメがより際立つように明るくしつつ、赤みを抑えたりスミを抜いたりして色白美肌な方向に調整しています。

img_soft_portrait03_22a.jpg
img_soft_portrait03_23.jpg
「調整レイヤー」の「トーンカーブ」「色相・彩度」「特定色域の選択」を使用して色白美肌が完成
img_soft_portrait03_24a.jpg
img_soft_portrait03_25a.jpg
img_soft_portrait03_26a.jpg
上の画像の各調整レイヤーの設定

アイメイク

ここからはアイメイクです。まず、眉毛の濃度を調節しています。この後のアイシャドウが映えるよう、少し眉毛の印象を弱める方向で明るくしました。ここは単純にトーンカーブを使って明るくしたものをブラシで描いています。形はあまり変えず、自然な感じに、印象を弱めました。

img_soft_portrait03_27a.jpg
img_soft_portrait03_28a.jpg
眉毛の調整前(左)と後(右)
img_soft_portrait03_29at.jpg
img_soft_portrait03_30at.jpg
img_soft_portrait03_31at.jpg
img_soft_portrait03_29.jpg
img_soft_portrait03_30.jpg
img_soft_portrait03_31.jpg
眉毛部分の調整レイヤーとマスク。眉毛全体を弱めてから、眉毛と地肌の色をそれぞれ調整

次に、アイシャドウを入れます。これも新規調整レイヤーの青みを入れるようなトーンカーブで目元を強調するカラーを作り、ブラシでふわっと描いています。アイホールなど骨格に合わせた形を追いかけていく感じです。

img_soft_portrait03_32a.jpg img_soft_portrait03_32m.jpg
img_soft_portrait03_32at.jpg
パープルのアイシャドウを作る「調整レイヤー」の「トーンカーブ」 とマスク

さらに明るめのハイライトのアイシャドウを塗ったような雰囲気でツヤ感を出しています。まぶたの下側には黄色のアイシャドウを入れてくすみ感を取っています。この辺りも実際のメイクの雰囲気を参考にしています。

img_soft_portrait03_33a.jpg img_soft_portrait03_33m.jpg
img_soft_portrait03_33at.jpg
眉尻にハイライトを入れるための「調整レイヤー」トーンカーブ とマスク
img_soft_portrait03_34a.jpg img_soft_portrait03_34m.jpg
img_soft_portrait03_34at.jpg
まぶたの下側に黄色のアイシャドウを入れるための「調整レイヤー」トーンカーブとマスク

ハイパスフィルターでラメを表現する

ここからラメを足していきます。「ハイパスフィルター」と「アンシャープマスク」をかけて、元の肌のキメを立てたものをラメとして使います。

元の画像を複製して「ハイパスフィルター」を「半径5.6pixel」と、肌のキメ感が立つようにかけます。これだとまだ弱いのでさらに「アンシャープマスク」を「量:500%/半径2.2pixel/しきい値:1」とガッツリかけましたが、まだ弱いので描画モードを「ハードライト」にします。

img_soft_portrait03_35.jpg 「ハイパスフィルター」と「アンシャープマスク」をかけ「ハードライト」で重ねる
img_soft_portrait03_36.jpg 左のレイヤーをさらにもう1枚重ね、下に黒の「べた塗り」レイヤーを置いた

この「ハードライト」のレイヤーをコピーし、その下に黒ベタを引くと、ハイライトだけがさらに際立ってきました。このセットをグループ化して描画モードを「スクリーン」にすると、キメを活かしたつぶつぶが肌の上に乗った状態になります。不透明度は少し落として「60%」。グループ化してレイヤーマスクを作り、目尻の辺りだけラメっぽくなるように、ブラシで描いています。

img_soft_portrait03_37a.jpg img_soft_portrait03_37am.jpg

上記の「ハードライト」レイヤー2枚と黒の「べた塗り」を「描画モード:スクリーン、不透明度:60%」で重ねた。グループ化して、ラメが欲しい箇所をレイヤーマスクに描いていく

レイヤー構造は下図のようになる
img_soft_portrait03_38.jpg

ここに、ブラシの「麻布」を使って大粒のラメを描いていきます。まずブラシパレットの「テクスチャ」のチェックボックスをクリック、パターンピッカーのオプションから「テクスチャ」を選びます。すると、プリセットで入っているテクスチャが追加されて、その中に「麻布」というブラシがあるので、これを選びます。

img_soft_portrait03_39a.jpg
img_soft_portrait03_40a.jpg

これは、ザラザラの麻の布の上に紙を置いてトレースするような効果のあるブラシになります。設定は、「深さ」を「5%」以下、今回は「4%」にしています。すると、ブラシの跡が残らずにツブツブだけが描けます。この粒をラメとして使います。

このブラシは「拡大・縮小」で大きさを変えることができるので、レイヤーを使って大きさや粒感の違うラメを重ね、ラメの奥行き感を出していくことができます。

細かいラメを減らしたい時や、量を調節したい時にはファイルメニューの「フィルター→その他」にある「明るさの最大値」を使って明るい部分、白い部分を増やすことで調節します。さらに、「明るさの最大値」にある「保持:真円率」という設定に、最近のバージョンから「直角度」が加わりました。これにより、丸だけでなく四角いピクセルが増やせるようになったので、ちょっと角ばった印象のラメを作ることもできます。ただ、四角のラメが同じ方向になるので、少し回転したり、ミックスして使います。

img_soft_portrait03_41.jpg
img_soft_portrait03_42.jpg
img_soft_portrait03_43.jpg
「麻布」ブラシの設定と「明るさの最大値」フィルターを使って大小の粒を用意。これを重ねてラメに奥行きを出す

以上のようにして加えたラメのレイヤーは、先ほどハイライトを足した時と同じく、描画モードを「覆い焼き(リニア)加算」にし、下に黒い「べた塗り」のレイヤーを置くことで、よりくっきりとしたラメのハイライトを足すことができます。

img_soft_portrait03_44a.jpg img_soft_portrait03_44am.jpg
img_soft_portrait03_45a.jpg img_soft_portrait03_45am.jpg
ラメのレイヤー(上段)とそのレイヤーマスク(下段)。細かいラメ(左)と大粒のラメ(右)のレイヤーを重ねることで立体感を出す。このレイヤーはグループ化して、描画モードを「覆い焼き(リニア)加算」に設定
img_soft_portrait03_46a.jpg 上記の2種類のラメを重ねることで、奥行き感が出ている
img_soft_portrait03_47a.jpg

先ほどのハイパスのグループは、「描画モード:スクリーン」で乗せて肌のトーンと合っていましたが、今度のラメは「覆い焼き(リニア)加算」でくっきりとさせています。乗せ方の種類を変えることで、奥行き感、深みを出しています。

それをさらに大きさを変えたり、位置を変えたりしたグループを重ね、より立体感のあるラメを作ったものが左の画像です。「明るさの最大値」フィルターで、四角く大きくしたラメをポイントとして使ってみました。

3D機能でまつ毛を作る

ここからは、まつ毛を作っていきます。Photoshopの3D機能を使い、まつ毛の1本1本をオブジェクトとして付け足しています。普段は「3ds Max」など他の3Dソフトを使うのですが、今回は直接画像の上で、Photoshopの3D機能だけで完結するというのがひとつのポイントにもなっています。わざわざ3Dソフトに画像を貼り込んで調節する必要がないこと、高解像度でもスムーズに動くことで、まつ毛のような単純な形だと問題なく使えます。

まず、新規レイヤーでまつ毛の元となる円形を「楕円形ツール」で作ります。色は関係ないですが、とりあえず黒で作りました(左下図)。Photoshop右上の「ワークスペースを選択」で「3D」を選び、OpenGLが有効になっている状態にします。「3D」パネルの「新規3Dオブジェクトを作成」のソースの部分を「選択されたレイヤー」にし、先ほどの円形が選択された状態で「3D押し出し」にチェックを入れて「作成」をクリックします(右下図)。

img_soft_portrait03_49a.jpg
img_soft_portrait03_48.jpg

「属性」パネルの「押し出しの深さ」スライダーを調節すると、先ほどの円が伸びて円柱になるので、「テーパー」スライダーを調整して先を細くします。まつ毛の先端が細くなるようなイメージです。さらに「カーブ」スライダーで、まつ毛がカールした感じにします。これを直接画像の上に配置していきます。

img_soft_portrait03_50.jpg

この辺りの使い方や操作は、少し慣れが必要ではありますが、2~3時間のうちにスムーズに動かせるようになりました。

1本配置したら、オブジェクトのインスタンス化をして複製していきます。オブジェクトの複製ではなくインスタンス化して複製することで、元のオブジェクト1つに調整すればすべてに適用されるという、スマートオブジェクト的な使い方ができます。

img_soft_portrait03_51.jpg

1本1本丁寧に置いていく必要はありますが、向きが自由に変えられるため、奥から手前に伸びるような、ブラシでは描きづらい表現が簡単にできるので、そこは3Dを使うメリットではないかと思います。

img_soft_portrait03_52a.jpg
img_soft_portrait03_53a.jpg
元の目(左)に3Dのまつ毛を置いた状態(右)

今回は元のまつ毛に少しずつ付け足していきましたが、つけまつ毛のようにきれいに配置したものを1個作っておいて画像の上に貼り付けることもできます。

1個作ってしまえばアングルが変えられますし、違うカットでも、使いたい部分に合わせて角度を合わせて切り出して使うこともできます。3Dなので、太さも長さも調節が可能、先の太さも変えられて、カーブの向きとか角度の具合を変えて、貼りたい画像に合わせられます。ライブラリとして保存すれば使い回しが可能だと思います。

img_soft_portrait03_54.jpg img_soft_portrait03_56.jpg
img_soft_portrait03_55.jpg img_soft_portrait03_57.jpg
3Dなので、1パターン作ってしまえばアングルや太さ・長さも調節が可能

元のまつ毛がなかったり一度消してから付け足す場合は、まぶたの際の部分に配置していくことをイメージして、自然に乗せるようにしてください。根本の部分が一番難しいポイントなので、まつ毛のきれいな画像を参考にして、より自然な配置を目指します。

img_soft_portrait03_58a.jpg

今回はまつ毛を大量に増やしてボリューム感を出しているので、作業が大変そうに思われるかもしれませんが、最初にバラバラっと全体を増やし、それをコピー・インスタンス化してずらせば倍増しますし、その増やした部分だけちょっと角度を変えるなど微調整で済むので、あまり時間はかからないのではないかと思います。

チークとリップ

最後に、チークとリップの色を調整していきます。チークは新規調整レイヤーの「トーンカーブ」を使って、青みのあるピンクのニュアンスを入れ、立体感とツヤ感を出しています。

リップには潤いを足していきます。まずシワを消してざらつき感、カサついた感じを抑えていきます。その際にPhotoshopの「パスぼかし」を使用しています。フィルターの「ぼかしギャラリー」から「パスぼかし」を選び、リップの形に合わせてクリックしていき、終点でダブルクリックをします。そうするとリップの曲線に合わせたぼかしが作れるので、シワが消え、カサつきが抑えられた状態になります。

img_soft_portrait03_61a.jpg
img_soft_portrait03_60.jpg
唇の形に沿った「パスぼかし」を使って、唇のざらつきやシワを取る
img_soft_portrait03_69a.jpg
img_soft_portrait03_70a.jpg
パスぼかしをかける前(左)とかけた後(右)。唇の範囲だけにマスクをかけて使用する

「パスぼかし」では上唇と下唇のパスをそれぞれ作っているので、下はUの字に、上はMの字と唇の輪郭に沿ってぼけてくれます。上のBefore/Afterの比較画像では、効果を唇の範囲だけに限定するためにマスクを使っています。唇のシワは結構細かいので、スタンプで消そうと思うと、元となるポイントが少なくて難しいです。単純にぼかしても、陰影の立体感が混ざってしまうので、パスぼかしを使うこの方法は唇のレタッチに向いていると思います。

実際の作業はこれを2段階に分け、まずは大きなシワを「描画モード:通常」で消します。その上にさらに同じレイヤーを複製して、今度は「描画モード:比較(明)」で重ねることで、単純にぼかした状態ではなく、少し質感の残った状態で消すことができます。

img_soft_portrait03_59a.jpg
img_soft_portrait03_59am.jpg
「描画モード:通常」でシワの部分のみがぼけるようにマスクをかける
img_soft_portrait03_62a.jpg
img_soft_portrait03_62am.jpg
「描画モード:比較(明)」でパスぼかしを重ねた画像とそのマスク

シワが消えた状態で、さらにツヤ感を足していきます。先ほどと同じように、チャンネルミキサーを使ってハイライト部分を強調した画像を作ります。ハイライトが白くなるように、トーンカーブとチャンネルミキサーで調節します。

これを「描画モード:覆い焼き(リニア)加算」で乗せると、元の陰影に基づいたツヤが乗ってきます。ここでトーンカーブを使い、ツヤ感を調節しています。ブラシで描かずに元にある陰影を使ってぼかしているので、リアルな形のツヤを乗せることができます。

img_soft_portrait03_63a.jpg
img_soft_portrait03_64a.jpg
チャンネルミキサーとトーンカーブでリップのハイライトを強調した画像(左)を、「描画モード:覆い焼き(リニア)加算」で重ねた(右)

次に、リップとチークの色味を調整レイヤーの「トーンカーブ」で作り、レイヤーマスクで乗せます。

img_soft_portrait03_65a.jpg

img_soft_portrait03_65atc.jpg チークのトーンカーブ

img_soft_portrait03_65atl.jpg リップのトーンカーブ

以上の手法を応用して、様々なメイクのバリエーションを作ることもできます。

img_soft_portrait03_67.jpg
img_soft_portrait03_68.jpg

私は実際にメイクの勉強をした、というようなことはないのですが、ビューティレタッチの仕事に携わる中で、アートディレクターの「ここをこうしたい」といった指示や要望を理解するために、少しずつメイクの基本知識が蓄積されていきました。デジタルメイクにあたっては、現実のメイクではどういう効果があって何のためにこれをしているのか、といった知識は多少あったほうがいいのではないかと思います。


img_soft_portrait03_71.jpg 久保博己(くぼ・ひろき)
大阪芸術大学写真学科卒業後、友田富造に師事。フォトグラファーとして活躍した後、フォートンにてレタッチャーとしての経験を積み、さらに3DCG制作をもこなすマルチプレイヤーである。撮影/レタッチ/3DCGの多様な手法から制作するビジュアルは豊かな表現力が特長で、複雑な合成なども、写真家としての目線をベースに、統一感のある仕上がりにしていく力量を持っている。Pentawards2017 SILVER受賞、Pentawards2016 GOLD, SILVER受賞など。

協力 Photo: KAI Model: Betsy


PhotoEDGE600px.png

関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン