Final Cut Pro エフェクトの基本

ビデオトラックをレイヤーのように扱う

解説:斎賀和彦 作例映像:南雲暁彦(凸版印刷)

ビデオトラックは初期状態で2トラックだが任意に増やすことができる。ビデオトラックはPhotoshopのレイヤーのように上下に重なっていて、ピクチャー・イン・ピクチャーのように画面を合成したり、タイトルを乗せたりできる。時間軸に沿った編集を「横軸編集」と呼び、映像を重ねていく合成を「縦軸編集」と呼ぶが、Final Cut Proでは、ある程度の縦軸編集を分かりやすく実現する。

複数のビデオトラックを使った「縦軸編集」を理解する

ビデオトラックはタイムラインでは下図のように表現され、上下関係がある。編集結果はいわばタイムラインを上から覗いている状態で、一番下(奥)にV1トラック、その上(手前)にV2トラック、最上段(一番手前)にV3トラックという見え方になる。なお、オーディオトラックに上下関係はなく、全トラックが並列で扱われる。

img_soft_fcp_effect06_01.png img_soft_fcp_effect06_01b.gif
一番手前に見える
「V3」トラックに配置されたタイトル
背景とタイトルの間
「V2」トラックに配置された子画面
一番奥に見える
「V1」トラックに配置された背景映像
img_soft_fcp_effect06_01b.gif img_soft_fcp_effect06_02.jpg

映像を重ねるには「スーパーインポーズ」を使う

ビデオトラックを重ねるにはいくつか方法があるが、ここでは簡単な方法で行なう。「スーパーインポーズ」は、現在の接続ビデオトラックの上に新規ビデオトラックを作成し、ソースクリップをそこに配置する方法だ。今回は画だけ重ねるため音の接続をオフにして行なう。

img_soft_fcp_effect06_03.jpg
❶映像を重ねるイン点に再生ヘッドを移動。
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_effect06_04.jpg
❷「キャンバス」の「イン点をマーク」をクリック。
img_soft_fcp_effect06_05.jpg
❸タイムラインにイン点マーカーが打たれたのを確認。
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_effect06_06.jpg
❹「a1」「a2」をクリック、音声トラックの接続を解除。
img_soft_fcp_effect06_07.jpg
img_soft_fcp_effect06_08.jpg
❺「ビューア」のソースクリップを「スーパーインポーズ」にドラッグ&ドロップ。
img_soft_fcp_effect06_09.jpg img_soft_fcp_edit01_yajirushi03.gif img_soft_fcp_effect06_10.jpg
❻「V2」トラックが追加され、イン点の位置から配置される。

「モーション」タブの設定方法

img_soft_fcp_effect06_11.jpg

重なった映像はそのままでは上のトラックしか表示されない(右図)。上のトラックを縮小したりトリミングしたり半透明にして初めて下のトラックが見えてくる。この操作を行なうのが上のトラックの「モーション」タブだ。まずはその基本操作に慣れよう。

img_soft_fcp_effect06_12.jpg
❶そのままでは重ねた映像しか表示されない。
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_effect06_13.jpg
❷キャンバスの表示を「イメージ+ワイヤフレーム」に変更。
img_soft_fcp_effect06_14.jpg
❸選択したトラックにワイヤフレームがオーバーレイ。
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_effect06_15.jpg
❹タイムラインで重ねたクリップをダブルクリック(重要)。
img_soft_fcp_effect06_16.jpg ❺「ビューア」で「モーション」タブを開く。
img_soft_fcp_effect06_17.jpg
❻「縮小/拡大」を「70」に設定して映像を縮小する。
img_soft_fcp_edit01_yajirushi03.gif
img_soft_fcp_effect06_18.jpg
❼下の「V1」トラックの映像が見えてくる。

モーション設定で上のトラックを変形させる

【クロップとエッジのぼかし】

img_soft_fcp_effect06_19.jpg
img_soft_fcp_effect06_20.jpg

「クロップ」は画面周囲のトリミング。トリミング幅は上下左右それぞれ独立して設定でき、エッジをぼかすことで背景トラックに溶け込むような効果をだせる。

【歪み】

img_soft_fcp_effect06_21b.jpg img_soft_fcp_effect06_21.jpg
img_soft_fcp_effect06_22.jpg

「歪み」は画面四隅の位置を独立して設定することで画面を歪ませる。これは「モーション」タブで設定するより「ツールパレット」の「歪みツール」を使うほうがベター。

【ドロップシャドウ】

img_soft_fcp_effect06_23.jpg
img_soft_fcp_effect06_24.jpg

文字装飾でよく使われる「ドロップシャドウ」は、影のようなエフェクトで、「歪み」等と併用すると、2次元の空間が擬似的に奥行きを持って感じられる効果。

※この記事は「Final Cut Pro 実践講座」から抜粋しています。

おすすめ商品・アイテム

写真:Final Cut Pro 実践講座

玄光社MOOKFinal Cut Pro 実践講座

Final Cut Proを快適に使いこなすために、必要な機能だけを厳選し、分かりやすく解説。基本から応用、実践まで、ステップ バイ ステップでマスターできる。

定価2,499円(税込)

斎賀和彦 Kazuhiko Saika

CM企画/演出時代にノンリニア編集勃興期を迎える。現在は駿河台大学メディア情報学部、デジタルハリウッド大学院等で理論と実践の両面から映像を教えながら、写真、映像作品を制作。
ブログ http://mono-logue.air-nifty.com/
ツイッターアカウント http://twitter.com/SAIKA

関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン