Photoshop 中上級テクニック

Camera Rawに写真を自動補正させる

解説:スコット・ケルビー 日本語版監修:早川廣行

写真:Photoshop CS6 Book
全米ベストセラー・シリーズの最新刊「Photoshop CS6 Book」が日本語版となって発売された(発行:ピアソン桐原)。著者は全米Photoshopプロフェッショナル協会(NAPP)会長のスコット・ケルビー氏。Shuffle読者のために、第2章「Camera Rawの基本」と第3章「Camera Rawの応用--基本の先へ」を特別公開する。

もし画像を1枚ずつ手動で調整するのがわずらわしければ、Camera Rawにはワンクリックで使える自動補正機能があります。この機能は、画像の露出全般(コントラスト、ハイライト、シャドウなど)の補正を行うもので、まだ発展途上ではありますが、かなり優秀な結果を出してくれます。この結果を気に入った場合は、Camera Rawで開いているすべての写真を同じ機能で自動調整するようにCamera Rawを設定することもできます。

ステップ1

img_soft_kelby05_01.jpg

Camera Rawで画像を開いていれば、[自動補正]ボタン(右図の赤丸箇所)をクリックすることで、露出に関する設定全般をCamera Rawに選択させ、[基本補正]パネルのコントロール類に反映させることができます。旧バージョンのCamera Rawの自動補正機能は、まあ、そこそこ役立つという評価にとどまりましたが、今ではだいぶ改良され、それなりにいい仕事をしてくれるようになりました(特に、行き詰まって、何をすべきかわからないときには便利です)。というわけで、このボタンをクリックして、画像がどう補正されるかを見てみましょう。たとえよくない結果でも、慌てる必要はありません。Command+Zキー【Ctrl+Zキー】を押せば、補正結果を取り消すことができます。

ステップ2

写真を開くたびに自動で[自動補正]が適用されるようにCamera Rawを設定することができます。Camera Rawのツールバーの[環境設定ダイアログを開く]アイコン(右から3つ目のアイコン)をクリックし、[環境設定]ダイアログの[自動トーン調整を適用する]をオンにし(下図を参照)、次に[OK]をクリックします。こうすると、Camera Rawがそれぞれの画像を評価し、自動的に補正します。もし自動補正の結果が気に入らなければ、[自動補正]ボタンの右隣にある[初期設定]ボタンをクリックしてください([自動補正]ボタンはすでに適用されているのでグレーアウトします)。

img_soft_kelby05_02.jpg

[明瞭度]でパンチのきいた画像にする

これは私のお気に入りのCamera Rawの機能の1つです。レクチャーでお見せすると、必ず「うわあー」とか「おおー」という歓声が起こります。その理由は、思うに、たった1つのスライダーの設定を変えるだけで、画像の迫力が大きく増すからでしょう。[明瞭度]スライダー(そのものずばりの名前です)は、基本的に、中間調のコントラストを増加させることで、実際に画像のシャープ化を行なわずに、写真の迫力とインパクトを高めます。私は画像のテクスチャを強調したいときはいつでも[明瞭度]をたくさん増加させますが、そうすると、風景写真でも都市景観の写真でも、旅行の写真でもポートレイトでも、テクスチャを強調することで見栄えが改善しそうなすべての対象物に絶大な効果があるのです。

ステップ1

[明瞭度]スライダーは、Camera Rawの[基本補正]パネルの下部の[自然な彩度]と[彩度]のスライダーの上にあります(公式名称は[明瞭度]ですが、ある時点では、Adobe社のエンジニアが、これを使うと画像に迫力が加わることから、「パンチ」と名付けようと考えていたことを聞きました)。[明瞭度]の効果をはっきりと確かめるには、まずツールバーの[ズームツール](虫眼鏡のアイコン)をダブルクリックして100%表示にします。下図の例では、画像の全体像を見せるために倍率を25%にしています。

img_soft_kelby05_03.jpg SCOTT KELBY

ステップ2

[明瞭度]コントロールの使い方はごく簡単です。スライダーを右にドラッグし、画像のパンチ量(中間調のコントラスト)を増やします(ステップ1の図と見比べてください)。ここでは+100までドラッグしてみました。従来のバージョンのCamera Rawでは、ここまで引き上げると避けられない問題がありましたが(あらゆるものの周りに実にひどいハローができました)、CS6では、どこかぼんやりしていたものが、非常に迫力ある写真になりました。私は、風景、都市景観、スポーツ写真などでテクスチャを強調したいときには[明瞭度]を+25から+50の間に設定しますが、新しいCamera Rawならば、下図のようにもっと高い値に設定して、いっそう迫力ある写真にすることもできます。

img_soft_kelby05_04.jpg

ステップ3

もちろん、テクスチャを強調したくない被写体もあります(女性や子どもなど)。その場合は、[明瞭度]スライダーを引き上げません。しかし、[明瞭度]コントロールを逆に使うことで、たとえば肌のテクスチャを柔らかくすることができます。これを「負の明瞭度を追加する」と言います。つまり、0(ゼロ)未満の[明瞭度]を追加することで中間調のコントラストが減少し、これによって柔らかく見える効果が生まれるのです。ですが、これを画像全体に適用してもあまり効果がないので、適用する際は補正ブラシを使うことをお勧めします。

ステップ4

下図では、肌のテクスチャをスーパーソフトにするために、補正ブラシを使用して、[明瞭度]をはるか左の−100に設定しました。これだとかなりソフトになるので、バランスを取るために、[シャープ]も+25まで増やしました。この状態で、顔のはっきりと残したい部分(目、まゆげ、小鼻、唇、髪の毛、顔の輪郭など)を避けながら、肌の部分をペイントしました。とにかくすばやく肌のテクスチャをやわらげる必要があり、結果の見た目にとても細かくこだわるのでなければ、負の明瞭度を追加するのが効果的です。

img_soft_kelby05_05.jpg SCOTT KELBY


※この記事は「Photoshop CS6 Book」から抜粋しています。

スコット・ケルビー Scott Kelby

『Photoshop User』誌の編集者兼発行人。『Layers』誌(Adobe社製品に関するハウツー雑誌)の編集者兼発行人。人気ウィークリービデオショー『Photoshop® User TV』の共同司会者。全米フォトショップ・プロフェッショナル協会(NAPP)の共同創設者兼会長で、ソフトウェアのトレーニング・教育・出版会社ケルビー・メディア・グループの会長。写真家、デザイナーで、著書は50冊を超える。
・ブログ(英語) Scott Kelby's Photoshop Insider
・トレーニングビデオ(英語) Photo Recipes Live by Scott Kelby


早川廣行 Hayakawa Hiroyuki

電塾塾長/株式会社電画代表/東京藝術大学大学院非常勤講師/日本写真学会会員/日本写真芸術学会会員。デジタルフォトの黎明期から画像処理に取り組み、デジタルフォトの普及啓蒙・教育活動に努める。デジタルフォト関連の雑誌への寄稿、講演活動、書籍執筆(Photoshopプロフェッショナル講座シリーズ他多数)など幅広く活動している写真家・フォトディレクター。

関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン