新製品ニュース

有効3,250万画素APS-Cハイエンドモデル|キヤノン EOS R7

オープン価格 / 2022年6月下旬発売

キヤノン EOS R7

主な特長

  • 高速連写・高性能AFを搭載
  • 新開発の有効3,250万画素APS-CサイズCMOSセンサー
  • 最高8.0段の手ブレ補正

newproduct_20220524_eosr7_I.jpg

キヤノンは、RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cミラーレス「EOS R7」を発売する。EOS Rシリーズ初となるAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、高速連写と高画質を両立したハイエンドモデル。

新開発の有効約3,250万画素APS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、APS-CサイズCMOSセンサー搭載のEOS史上最高解像性能を実現。また、7Kオーバーサンプリングによる4K動画撮影や、「Canon Log3」に対応するなど、動画性能も優れている。

メカシャッター/電子先幕による撮影時は、EOS Rシリーズ最速となるAF/AE追従で最高約15コマ/秒、電子シャッターによる撮影時はAF/AE追従で最高約30コマ/秒の高速連写が可能。また、「EOS R3」のAF被写体検出技術を継承し、人物、動物、乗り物の全体・スポット検出に対応している。

ボディ内5軸手ブレ補正機構を搭載し、手ブレの発生しやすい環境でも快適に撮影が行なえる。さらに、レンズ内光学式手ブレ補正機構を搭載したRFレンズ装着時は協調制御で最高8.0段の手ブレ補正が可能だ。

対応マウント:RFマウント / 撮像素子:約22.3×14.8mm CMOSセンサー / 有効画素数:約3,250万画素 / ISO感度:100〜32000(拡張:51200)寸法:約132×90.4×91.7mm / 質量:約612g(バッテリー、カードを含む)

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン