新製品ニュース

進化した高性能 AF・高速連写|キヤノン EOS R6 Mark II

オープン価格 / 2022年12月中旬発売

キヤノン EOS R6 Mark II

主な特長

  • 常用最高ISO102400の高感度性能
  • 優れた被写体検出とトラッキング性能
  • AF/AE追従で最高約40コマ/秒の高速連写

newproduct_20221103_canoneosr6mark2_I.jpg

キヤノンは、フルサイズミラーレス「EOS R6 Mark II」を発売する。新開発の有効画素数最大約2,420万画素フルサイズCMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC X」により、高い解像感と常用最高ISO102400(静止画撮影時)の高感度を両立。また、ボディ内5軸手ブレ補正機構を搭載しており、レンズ内光学式手ブレ補正機構を搭載したRFレンズとの協調制御により最高8.0段の補正効果を発揮する。

ディープラーニング技術を活用したAF「EOS iTR AF X」により、優れた被写体検出性能とトラッキング性能を実現。新たに馬・鉄道・飛行機(ジェット機・ヘリコプター)が被写体検出機能に追加されたことで、「人物」では人の瞳・顔・頭部・胴体、「動物優先」では犬・猫・鳥・馬の瞳・顔・全身、「乗り物優先」ではモータースポーツの車とバイク・鉄道・飛行機(ジェット機・ヘリコプター)の全体・スポット検出に対応。さらに、被写体の検出対象をメニューで切り替えることなくカメラが自動で被写体を選択する「自動」設定も追加された。また、メカシャッター/電子先幕撮影時AF/AE追従で最高約12コマ/秒、電子シャッターによる撮影時はAF/AE追従で最高約40コマ/秒の高速連写が可能。

動画性能においては、クロップなしの6Kオーバーサンプリングによる4K/60P動画撮影や、フルHD/180Pハイフレームレート動画撮影が可能。さらに、キヤノン独自のガンマ特性「Canon Log 3」やRAW動画の外部記録といった動画記録方式にも対応している。

なお、こちらの機材は11月15日発売のコマーシャル・フォト12月号にて解析記事を掲載。ぜひ参考にしてほしい。

対応マウント:RFマウント / 撮像素子:約36.0×24.0mm CMOSセンサー / 有効画素数:最大約2,420万画素 / 感度:ISO100〜102400(拡張:ISO50〜204800) / 寸法:約138.4×98.4×88.4mm / 質量:約670g(バッテリー、カード1を含む)

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

Inter BEE 2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン