新製品ニュース

高画質・高機動性を求めた静止画撮影特化機|富士フイルム X-T5

オープン価格 / 11月25日発売

富士フイルム X-T5

主な特長

  • 有効約4,020万画素イメージセンサー
  • ISO125を常用感度で利用可能
  • 快適な撮影をサポートするハードウェア

newproduct_20221104_fujixt5_I.jpg

富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」の新モデルとして「X-T5」を発売する。裏面照射型有効約4,020万画素「X-TransTM CMOS 5 HR」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 5」を搭載し、肌のレタッチを自動で行なう「スムーススキンエフェクト」や、AIによる高精度なオートホワイトバランスにより、高画質な写真撮影を実現。さらに、ISO125の常用感度や最速1/180000秒のシャッタースピードを可能とするため、多様な写真表現を楽しめる。

AFは、ディープラーニング技術を用いて開発した被写体検出AFを搭載。動物、鳥、車、バイク、自転車、飛行機、電車をAIで検出できる。また、イメージセンサーの高画素化により位相差画素の数が増加したことで、動物の毛や細かい葉っぱなどの高周波な被写体に対してのAF-S合焦精度が向上した。

ボディ内手ブレ補正は5軸・最大7.0段の効果を発揮。ボディ天面にはISO感度、シャッタースピード、露出補正の3つのダイヤルを搭載。電源を入れる前に設定を確認、変更することが可能。モニターは184万ドットの3方向チルト液晶を採用し、静止画撮影で多用される縦位置やウエストレベルでの撮影を快適に行なうことがきる。

対応マウント:Xマウント / 撮像素子:23.5×15.7mm X-Trans CMOS 5 HRセンサー / 有効画素数:最大約4,020万画素 / 感度:ISO125~12800(拡張:ISO64〜51200) / 寸法:約129.5×91×63.8mm / 質量:約557g(バッテリー、メモリーカード含む)

お問い合わせ先:富士フイルムデジタルカメラサポートセンター(0570-04-1060)


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

Inter BEE 2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン