新製品ニュース

手ブレ補正機構搭載の中望遠単焦点レンズ|キヤノン RF135mm F1.8 L IS USM

オープン価格 / 2023年1月下旬発売

キヤノン RF135mm F1.8 L IS USM

主な特長

  • 優れた描写性能とF1.8の明るい開放絞り値
  • カメラ側との協調制御により8.0段の手ブレ補正効果
  • レンズファンクションボタンなど快適な撮影を補助する機能を搭載

newproduct_20221103_canonrf135mm_I.jpg

キヤノンは、「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、大口径中望遠単焦点レンズ「RF135mm F1.8 L IS USM」を発売する。UDレンズ3枚を含む12群17枚の光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減。また、F1.8の開放絞り値による大きく美しいボケ味と中望遠レンズ特有の圧縮効果により、被写体を際立たせた奥行き感のあるポートレイト撮影を実現している。

レンズ内光学式手ブレ補正機構による補正効果は5.5 段。ボディ内手ブレ補正機構を搭載しているEOS Rシリーズのカメラとの組み合わせではカメラとレンズによる協調制御が可能で、「EOS R3」(2021年11月発売)装着時は8.0段の手ブレ補正効果を発揮する。

本体に超望遠レンズ以外ではキヤノン初となるレンズファンクションボタンを2個搭載。初期設定ではAFストップボタンとして機能し、AF中にボタンを押すとAFを一時中断することができるため、撮影距離を保持したい場合やサーチ駆動を避けたい場合に有用。また、露出補正や絞り数値の設定などを任意に割り当てて使うことができるコントロールリングを搭載。EVFで撮影後のイメージを確認しながらコントロールリングを操作することで直感的で快適な撮影が可能。

なお、こちらの機材は11月15日発売のコマーシャル・フォト12月号にて解析記事を掲載。ぜひ参考にしてほしい。

対応マウント:RFマウント / 焦点距離:135mm / 明るさ:f1.8 / レンズ構成:12群17枚 / 寸法:約Φ89.2×130.3mm / 質量:約935g

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

Inter BEE 2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン