新製品ニュース

高度な通信機能を備えたマルチアクセサリーシューを搭載|キヤノン スピードライト EL-5

オープン価格 / 2023年3月発売

キヤノン スピードライト EL-5

主な特長

  • 高速充電や約350回の発光可能回数など高い基本性能
  • 小型設計と優れた操作性を両立
  • EOS R システムとの連携機能

newproduct_20221103_canonel5_I.jpg

キヤノンは、高度な通信機能を備えた「マルチアクセサリーシュー」を搭載した「EOS Rシステム」のミラーレスカメラ用外部ストロボ「スピードライト EL-5」を発売する。フラッグシップモデル「スピードライト EL-1」の高い基本性能を継承しながら、「EOS Rシステム」との連動性の向上や小型設計を実現したハイアマチュアユーザー向けのモデル。

最大ガイドナンバー約60の大発光量ながら、大電流の放電が可能な大容量のリチウムイオンバッテリーの採用により、発光後ストロボ充電完了まで約0.1〜1.2秒の高速充電を実現。発光可能回数は約350回となっている。

本体は幅約80.2mm、奥行き123.3mm、高さ139.9mmの小型設計。また、直感的な操作できるジョイスティックや、視認性に優れた高精細液晶の表示パネルを採用したことにより快適な操作性を持つ。

ストロボの設定をC1/C2/C3の3つのカスタム発光モードに登録することが可能。「EOS Rシステム」との連携により、カメラの撮影モードに連動してストロボの発光モードが自動で切り替わるため、シーンに最適な設定を素早く選択できる。また、「メニューダイレクト機能」を搭載し、ストロボのジョイスティックを操作することでカメラ内のストロボの設定をワンクリックで呼び出すことが可能。

対応カメラ:EOS R3、EOS R6 Mark II、EOS R7、EOS R10 / ガイドナンバー:60(照射角200mm設定時、ISO100・m) / 照射角:レンズ焦点距離24~200mm(ワイドパネル使用時14mm) / バウンス:上120°、下7°、左/右180° / 発光間隔:通常発光時約0.1~1.2秒、クイック発光時約0.1~1.0秒 / 発光回数:約350〜2,450回 / / 寸法:約80.2×139.9×123.3mm / 質量:約491g(本体のみ)

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

Inter BEE 2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン