新製品ニュース

さらなる高速連写や8K動画撮影を実現「EOS R5」を開発

キヤノン EOS R5

主な特長

  • 高速連写や8K動画撮影を実現
  • 通信機能や操作性・信頼性を向上
  • デュアルスロット対応
newproduct_20200214_canoneosR5_I.jpgEOS R5 (RF24-105mm F4 L IS USM 装着時)

キヤノンは、EOS Rシステムの次世代フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を開発していることを発表した。計9機種のRFレンズも2020年中の発売を目指して開発、EOS Rシステムを強化していくという。

「EOS R5」は、新開発のCMOSセンサーにより、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の実現を目指しており、スポーツなど高速で動く被写体にも対応。また、8K動画の撮影が可能となることで、高精細な静止画の切り出しや、より高画質な4K動画に加工することができる。

さらに、キヤノン初となるボディ内手ブレ補正機構とRFレンズのレンズ内手ブレ補正機構の双方を協調制御する方式を採用。新たにデュアルスロットにも対応するほか、カメラからクラウドプラットフォーム「image.canon」(4月上旬開始予定)への画像自動転送などの新機能を搭載する予定だ。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

VIDEO SALON主催のオンラインセミナー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン