新製品ニュース

デジタルバックCFV II 50Cとカメラボディ907Xからなる中判ミラーレス

参考価格 税別735,000円 / 2020年秋 日本発売予定

ハッセルブラッド 907X 50C

主な特長

  • 中判5000万画素CMOSセンサー
  • 14ストップのダイナミックレンジ
  • ハッセルブラッド ナチュラルカラーソリューション(HNCS)
  • 16ビットRAW画像とフルサイズJPEGによる撮影
  • 高解像度3.2インチ2.36Mドットのチルト可能なタッチスクリーン

newproduct_20200820_haselblad907x50c_I.jpg

ハッセルブラッドは、2019年6月にコンセプトとして発表された中判ミラーレスデジタルカメラ「907X 50C」を2020年秋に日本で発売する。最新のデジタルバックCFV II 50Cと、カメラボディの907Xで構成される。

中判5000万画素CMOSセンサー(43.8×32.9mm)を備えたCFV II 50Cデジタルバックは、1957年以降に製造されたほとんどのVシステムカメラで使用でき、サードパーティのテクニカルカメラまたはビューカメラにも使用できる。

モニターには3.2インチ 2.36Mドットのチルトリアスクリーンを採用し、設定、画像再生などタッチ操作が可能。また、Xシステムと同じボディ内蔵型の新しいバッテリーデザインが採用されたことで、全体のサイズが小さくなり、USB-Cポート経由でカメラ内充電ができるようになった。

907X 50Cのアクセサリーとして、907Xコントロールグリップ(参考価格:税別84,000円)と907Xオプティカルビューファインダー(参考価格:税別56,000円)も発売予定。

newproduct_20200820_haselblad907x50c_I2.jpg

有効画素数:約5,000万画素 / 記録メディア:Dual UHS-II SDカード / ISO感度:ISO Auto, 100, 200, 400, 800, 1600, 3200, 6400, 12800, 25600 / 液晶モニタ:3.2型TFT 90°チルト可能 / 外寸:102×93×84mm / 質量:740g(バッテリー、SDカード除く)

お問い合わせ先:ハッセルブラッド・ジャパン(03-6434-9567)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

VIDEO SALON主催のオンラインセミナー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン