新製品ニュース

鳥の瞳を優先して検出追尾するOM-D E-M1Xのファームウェア

12月3日公開

オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1X用ファームウェア Ver.2.0

主な特長

  • 鳥の瞳を自動検出・追尾が可能
  • ATOMOS NINJA Vへの動画RAWデータ出力に対応
  • 深度合成対応レンズにM.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROを追加

newproduct_20201118_olympusomd_I.jpg「OM-D E-M1X」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」

オリンパスは、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1X」用ファームウェアVer.2.0を12月3日から公開する。ディープラーニング技術を用いて開発された「インテリジェント被写体認識AF」に「鳥認識」を追加、カメラが自動で鳥を検出し、鳥の瞳に対して優先的にフォーカス・追尾する。

また、OM-D E-M1Xで撮影した4K 30P/25P/24P、Cinema4K 24P動画をATOMOS NINJA Vへ12bit RAWデータで出力が可能。NINJA Vへ出力されたデータはProRes RAW形式で記録される。プロの映像制作で求められる撮影後のカラーグレーディングや露出調整など、高度なポストプロダクションに対応する。


お問い合わせ先:オリンパスカスタマーサポートセンター(0570‐073-000)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

玄光社の創作応援ブックフェア2020年12月2日-2021年1月31日開催!

VIDEO SALON主催のオンラインセミナー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン