新製品ニュース

キヤノン EOS 5D Mark IV

参考価格税別432,500円 / 9月8日発売

約3040万画素の解像力と高速連写・高感度性能を両立

主な特長

  • 有効画素数約3040万画素、常用ISO感度ISO100~32000を実現
  • 最高約7コマ/秒の高速連写
  • 61点高密度レティクル AF IIを搭載
  • デジタルレンズオプティマイザ機能を搭載
  • 4K(4096×2160)動画を中心とした動画撮影機能を強化

newproduct_20160825_canoneos5dM4_I.jpg

キヤノンは、高画素・高速連写・高感度などの性能を総合的に向上させたフルサイズデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」を発売する。有効画素数約3040万画素35mmフルサイズCMOSセンサーおよび映像エンジン「DIGIC 6+」の搭載により、常用ISO感度ISO100~32000を実現。また、新開発ミラー振動制御システムの採用により、最高約7コマ/秒の高速連写を実現している。さらに、撮像素子から得たデュアルピクセル情報をRAW画像に付加する「DPRAW撮影」が可能となり、撮影後に独自のRAW現像ソフトウエア「Digital Photo Professional」で微細な画像処理ができる。

フォーカスでは、「61点高密度レティクルAF II」の搭載により、従来機種より縦方向に測距エリアが拡大し、エクステンダーを使用した超望遠撮影時は、レンズの開放絞り数値がF8までの明るさでも全測距点でAFが可能。動画においては、4K(4096×2160)動画を中心とした動画撮影機能が強化され、4K/30pの高精細な動画撮影やフルHD/60p、スローモーション映像の撮影に適したHD/120p動画のほか、タイムラプス動画が撮影できる。またフラッグシップ機と同様に、撮影した4K動画から任意の1コマを静止画として切り出す「4Kフレームキャプチャー」機能を搭載している。

映像制作向けには「EOS 5D Mark IV・ムービーキット」を同時発売。キット内容は、カメラ本体に「DM-E1(SLR用マイクロホン/キヤノン製)」「EDIUS Pro 8(ノンリニアビデオ編集ソフトウェア/グラスバレー社製)」がついてキヤノンオンラインショップ販売価格478,000円(税別)。CINEMA EOSシリーズ同様、イメージングソリューション営業本部のみの取り扱いとなり、同営業本部や一部プロショップならびにキヤノンオンラインショップで購入できる。

有効画素数:約3040万画素 / 記録メディア:CFカード(タイプI準拠、UDMAモード7対応)、SD・SDHC・SDXCメモリーカード(UHS-Iカード対応) / ISO感度:シーンインテリジェントオートISO100~12800自動設定 、P, Tv, Av, M, B:ISOオート、ISO100~32000手動設定(1/3、1段ステップ)、およびL(ISO50相当)、H1(ISO51200相当)、H2(ISO102400)の感度拡張が可能(高輝度側・階調優先設定時はISO200~32000) / 液晶モニタ:ワイド3.2型TFT / 外寸:約150.7×116.4×75.9mm / 質量:約800g(本体のみ)

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

反射神経に応えられる機動性 ディレクター「柘植泰人」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン