新製品ニュース

4K解像度の高画質360°動画撮影&空間音声記録が可能な「RICOH THETA V」

オープンプライス / 9月下旬発売

リコー RICOH THETA V

主な特長

  • 4K解像度の360°動画が撮影可能
  • 空間音声記録にも対応

newproduct_20170906_recohTheta_I.jpg

リコーは、4K解像度の360°動画や空間音声記録が可能な全天球カメラ「RICOH THETA V」を発売する。これまでに発売してきた「THETA」シリーズ同様、小型・軽量ボディを継承しつつ、撮影データの高速読み出しに対応した新型イメージセンサーとメインプロセッサーを採用。静止画、動画ともに画質を向上させ、低消費電力化も実現した。また、露出制御やホワイトバランスのアルゴリズムも一新され、静止画の出力画素で約1400万画素に相当する360°の全天球イメージ撮影にも対応した。

動画撮影解像度も、4Kに相当する3,840×1,920ドットの30fpsに強化。カメラ本体に4chのマイクを内蔵することで水平方向だけではなく、上下方向も含めた360°全方位の音声記録が可能になった。無線通信モジュールの改良とデータ処理の高速化により、通信速度は、従来機の最大約2.5倍となっている。さらに、4Kライブストリーミング出力にも対応。全天球映像のリアルタイム出力が可能で、インターネットを通じて360°映像のライブストリーミングを提供できる。今後は、本体アプリともにファームウェアのアップデートを定期的に行ない、より性能を向上させていくという。

撮像素子:1/2.3(×2) / 有効画素数:約12M(×2) / レンズ構成:6群7枚 / F値:F2.0 / 撮影距離:約10cm~∞ / 露出補正:マニュアル補正(-2.0~+2.0EV 1/3EVステップ) / ISO感度:<静止画>ISO64~1600、<動画>ISO64~6400、<ライブストリーミング>ISO64~6400 / シャッタースピード:<静止画オート>1/25000秒~1/8秒、<静止画マニュアル>1/25000秒~60秒、<動画>1/25000秒~1/30秒、<ライブストリーミング>1/25000秒~1/30秒 / 記録媒体:内蔵メモリー(約19GB) / 外寸:45.2×130.6×22.9mm / 質量:約121g

お問い合わせ先:お客様相談センター(0570-001313)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン