Photoshop オート機能完全攻略

進化した「ゆがみフィルター」

写真・解説:竹澤宏

img_item_photoshop_automatic.jpgShuffleの人気連載「Photoshop オート機能完全攻略」を1冊にまとめた本「Adobe Photoshop オート機能完全攻略 CS6/CS5/CS4対応版」が9月26日に刊行された。内容は最新版のPhotoshop CS6に合わせて全面的に加筆訂正を行なっているが、Shuffle読者のために本書の一部を特別公開する。

変形をリアルタイムで表示

「ゆがみ」フィルターは、PhotoshopがCSとなる前のPhotoshop 7.0からある古い機能である。パペットワープができる前は、この「ゆがみ」を工夫して使っていたという方も多いだろう。使い方は色々だが、全体的な変形というよりも、ちょこっと部分的な変形をしたい時に便利な機能だった。その「ゆがみ」フィルターをなぜ今さら取り上げるかというと、Photoshop CS6から新しくなり使い勝手が向上したからだ。

CS6で採用されたAdobe Mercury Graphics Engineが描画機能を向上させ、変形の状況がリアルタイムに表示できるようになった。このAdobe Mercury Graphics Engineは、ほかにも「パペットワープ」「自由変形」「広角補正」など変形に関連したツールで威力を発揮し、今まで大きな解像度のデータを変形させようとすると、非常に動きも鈍く重かったのが改善されたのである。

img_soft_auto_mook12_01.jpg
ゆがみフィルターの設定パネル

また、「ゆがみ」のウィンドウ内で使えるブラシサイズが、これまでの1,500ピクセルから一気に10倍の15,000ピクセルまでになった。ツールとしての機能自体は従来から変わらないものの、処理スピードも速くなっているので、部分的なゆがみだけでなく、大容量データ全体を大きく変形させることも苦にならなくなった、という点が新しい。

それでは作業の流れを紹介しよう。

img_soft_auto_mook12_02.jpg 元画像

レースのカーテンが風になびくイメージを撮りたいという事でセッティングした。スタジオの白ホリを背景にカーテンの端をテグスで引っぱりスタンドに保持した。当然、エッジのラインは直線的にしかならないのだが、これを「ゆがみ」を使って変形させる。

img_soft_auto_mook12_03.jpg

img_soft_auto_mook12_04.jpg 「ゆがみ」ツールで変形をする時はフリーハンドが主体になるので、偶然性が左右する場合が多い。この時はすぐに気に入った形になったので時間はかからなかったが、二度と同じことはできないかというと、そうではない。歪んだメッシュの状態を、設定ファイルとして保存しておくといつでも再現できる。

img_soft_auto_mook12_05.jpg 完成画像

明るさやトーンを調整し仕上げた写真である。風を感じていただけるだろうか?

CS6で作業するなら、大きなデータでも、さらに大きくなったブラシを使い、ダイナミックに変形させることも容易なので、表現の幅が広がるだろう。

※この記事は「Adobe Photoshop オート機能完全攻略 CS6/CS5/CS4対応版」から抜粋しています。

竹澤宏 Hiroshi Takezawa

1983年、フリーのフォトグラファーとして独立。以来30数年、いまだに業界の片隅に生息中。インテリアや物撮りを中心とした広告写真が主だが、雑誌の取材や執筆もこなせるオールラウンダータイプのフォトグラファー。
http://takezawa-lab.com/
https://www.facebook.com/TakezawaHiroshi

関連記事

powered by weblio




コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

人気の書籍・雑誌170タイトルが半額!玄光社ストア年末感謝祭2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン