製品レビュー

【解析特集】プロフェッショナル向けフルサイズミラーレス一眼 Panasonic LUMIX S1 & S1R

解説・人物撮影:芳田賢明(DNPメディア・アート)
静物撮影:小室和宏(DNPメディア・アート)

今年3月23日にパナソニックから同社初の35mmフルサイズイメージセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1」と「LUMIX S1R」が発売された。ここ最近、他社からも続々とフルサイズミラーレスが発売される中、いよいよパナソニックも参入。ポートレイト、静物、それぞれのプロの現場でどのような活躍を見せてくれるのだろうか。実写テストを行なってみた。

Panasonic LUMIX S1 & S1R

img_products_pana_lumix_s1_rev_01.jpg

仕様の違い
S1 S1R
撮像素子 有効2420万画素・
総画素数2528万画素
有効4730万画素・
総画素数5044万画素
撮影感度 標準出力感度ISO100~51200・
拡張時50~204800
標準出力感度ISO100~25600・
拡張時50~51200
店頭予想価格(約) 314,000円(本体のみ)・
426,000円(24-105mmレンズキット)
464,000円(本体のみ)・
576,000円(24-105mmレンズキット)

>詳細スペック:panasonic.jp/dc/s_series.html


ついにパナソニックからフルサイズミラーレス一眼が登場

手に持つと、中身の詰まった「塊」感を感じる。大きさ、重さともにいわゆる「ミラーレス機」とは一線を画し、一眼レフの上位機のような感触だ。シャッター耐久回数は40万回、防塵・防滴、-10℃耐久設計、ダブルスロット、さらに無料のテザーソフトが用意されており、プロ向けと言える。

主に注目した点を下に記したが、その他の点として、設定内容が表示される見やすいステータスLCDがボディ上面にあり、これにはバックライトも搭載。背面のボタンイルミネーションが暗所で作動するのも心憎い。

気になったのは電源スイッチの位置。ボディ上面にあるのだが、どうしても無意識にシャッターボタンの同軸にスイッチを探してしまった。

XQD/SDダブルスロット
img_products_pana_lumix_s1_rev_02.jpg
プロがロケで使用するには必須条件とも言える、メモリーカードのダブルスロット仕様。XQDとSDのダブルスロットになっている。リレー記録、バックアップ記録、振り分け記録に対応。

約576万ドット リアルビューファインダー
img_products_pana_lumix_s1_rev_03.jpg
約0.005秒の表示タイムラグと、120fpsの滑らかな表示性能を持つ。ドット感はほとんどなく、非常に自然な見え方で、一眼レフ派も一度試用してみる価値がある。初見では少し青みが強いように感じたが、色調整も可能だ。

3つのコントロールダイヤル
img_products_pana_lumix_s1_rev_04.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_05.jpg
コントロールダイヤルは前・後・背面の3箇所。機能割当や回転方向のカスタマイズが可能で、キヤノン派、ニコン派、どちらの一眼レフユーザーにも違和感なく操作できるだろう。

右手親指部に集約されたAFコントロール
img_products_pana_lumix_s1_rev_06.jpg
AFモードボタン、フォーカスモードレバー、【AF ON】ボタン、AFエリアを移動させるジョイスティックが右手親指部に集約されている。撮影中に各種設定を変更したい場合も、体勢を変えず速やかに行なえる。

同時発売のレンズは、50mm F1.4、70-200mm F4、24-105mm F4 マクロ。最低限仕事ができる3本だろう。フィルター径は全て77mmで、フィルターを共用できるのが嬉しい。「LUMIX S PRO」レンズの50mmと70-200mmは、フォーカスリングをスライドさせることでAF/MFの切替えができ、MF時には距離指標が現れる。マウントは、ライカ、パナソニック、シグマの3社でアライアンスが組まれている、ライカのLマウントだ。

また、Sシリーズでは「LUMIXエコシステム」として多くのメーカーとの連携が発表されており、その中にはブロンカラーも含まれている。プロにとってどんなシリーズになるのか、今後の展開が楽しみである。


S1Rで朝のポートレイトロケ撮影

まず感じたのは、EVFがとても見やすく、違和感が全くないということ。ドットの粗さはもちろん、チラツキや色にじみも感じない。

AF性能については、モデルの前髪が長めというのもあるのか、瞳AFはそこまで認識されなかった。顔認識、人物認識は問題なく行なわれていたが、枠内のどのポイントにピントが合わせられるのかがわからない怖さがあり、結局1点AFばかり使うこととなった。1点AFについては極めて快適で、動きがまごつくようなこともなかった。

img_products_pana_lumix_s1_rev_40.jpg逆光でもグラデーションがきれい

RAWで撮影し、Adobe Camera RAWで現像した。空のハイライトからブルーへのグラデーションがきれいで、背景のビルと空との境界も滑らかだ。人物のトーンも質感良くしっかり起こすことができ、その部分のノイズも見られない。

レンズは50mmで、基本的に開放で撮影を進めたが、髪の毛1本1本までしっかり描写され、逆光条件でパープルフリンジが現れることもなかった。総じてナチュラルな表現という印象だ。

気になったのは、背面左上の再生ボタンを押す際、タッチ液晶に無意識に触れていて、そのたびにAFエリアを左上に持っていってしまうということである。最初はそれに気づかず、「どうして毎回こんな端に飛ぶのだろう」と思ってしまった。

約9コマ/秒 高速連写
img_products_pana_lumix_s1_rev_07.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_09.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_10.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_11.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_12.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_13.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_14.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_15.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_16.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_17.jpg

連写性能は最高約9コマ/秒。一眼レフのようにボディがバタつく感じはなく、安定した連写である。AF追従時は約6コマ/秒となるが、被写体との距離が大幅に変わらなければ、AFは追従でなくても問題ないだろう。

フラッシュ同調1/320秒で日中シンクロ
img_products_pana_lumix_s1_rev_19.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_20.jpg
GN20の小型フラッシュで日中シンクロ。HSS機材の用意がなくても、小型フラッシュさえ持っておけば、1/320秒の同調速度なら日中シンクロを試す気になれる。AWBで撮影しているため、ストロボ発光時は色温度設定が変わる。

スローシャッターに活かせるISO50
img_products_pana_lumix_s1_rev_21.jpg
50mm、1/20秒、F16で撮影。
走り行くクルマを流して動きを見せたいが、NDフィルターもなく、ガチガチに絞りたくもない。そんなとき、拡張感度のISO50が活かせるかもしれない。ただし、ハイライトの飛びには注意(スタジオでの静物撮影参照)。

<作例> Adobe Camera RAWで現像
img_products_pana_lumix_s1_rev_39.jpgカメラ:S1R レンズ:LUMIX S PRO 50mm F1.4 1/125s F4 ISO100 モデル:ネリ

上の作例は、新交通システムの駅から延びる連絡橋の下にモデルを配置し、画面にX字を描いた。連絡橋の裏面のディテールをある程度見せたく、開放から3段絞ったため解像度も高い。

こちらもAdobe Camera RAWで現像。想像していた通り、中判デジタルに迫る繊細な描写だ。ピントをしっかり合わせ、ブレがなければ、シャープネス処理も必要ないほどの高い鮮鋭度が得られる。


S1で雨夜のポートレイトロケ撮影

雨の夜。S1を使うにはうってつけの撮影条件だ。50mmレンズを使い、街中の光源を探しながら、原則として絞りは開放、シャッタースピードは1/250秒に決め、積極的に感度を上げて撮影した。

img_products_pana_lumix_s1_rev_26.jpg 雨撮影でも安心の防塵防滴仕様

撮影中、まとまった雨になる時間帯があり、街灯に照らされた雨粒がはっきり写っている。こんな中でも、防塵防滴のカメラとレンズなら安心だ。ただ、レンズ前玉に雨が付くと厄介なので、フードをしっかり装着しておく。

ISO25600を多用するような暗さの中では、さすがに顔認識のAFは厳しく、基本的に1点AFを使用した。また、ISO64000を設定するような暗さや、強烈な逆光下ではAF自体が厳しい場面もあり、フォーカスリングをスライドさせてMFで対応した。EVFは夜撮影でもゲインアップされて非常に見やすく、MFも難なくこなせる。

高感度時の画質をISO感度1段刻みで比較撮影したところ、S1はISO1600、S1RはISO800までは基本的に問題ないレベル。また、S1はISO25600、S1RはISO6400から大幅に画質が低下した。製品版でさらに改良される可能性もある。

使用レンズは50mm、絞り開放であるが、収差という収差はほとんど見られず、シャープな写りである。常にレンズフードを装着して撮影していたが、強烈な点光源が入る状況下でもゴーストが発生することはなかった。

img_products_pana_lumix_s1_rev_27.jpg 常用最高感度ISO51200で撮る

S1の常用最高感度ISO51200で、50mmのF1.4開放、1/250秒で撮影。もちろんノイズ感はあるが、輝度ノイズには嫌味がなく、色ノイズの処理にもあまり不自然さを感じない。


JPEG撮影とRAW撮影でのノイズ比較
ピクセル等倍で、カメラ内JPEG画像と、メーカー公式のRAW現像ソフトで現像した画像を比較。常用最高感度でも、ここまでノイズを抑えることができた。ただし、ノイズを抑えればその分ディテールも失われて見えるため、表現意図や仕上がりサイズに応じて調整が必要だ。

img_products_pana_lumix_s1_rev_41.jpg
カメラ内JPEG
img_products_pana_lumix_s1_rev_42.jpg
SILKYPIX Developer Studio 8SEで現像

手持ちで2秒露光
img_products_pana_lumix_s1_rev_24.jpg
優れた手ブレ補正機能を活用し、手持ちで2秒露光を行なった。F8、ISO100で撮影。ここまでの長秒だとむしろ被写体ブレの方が問題になってくる。急遽の夜景撮影や、三脚を立てられない室内での高画質撮影などで威力を発揮するだろう。

手ブレ状態スコープ
img_products_pana_lumix_s1_rev_25.jpg
手持ち長秒露光の強い味方が「手ブレ状態スコープ」。露光中にブラックアウトしているEVF内でこれを見つつ、緑の丸が赤の円内から出ないようにホールドする。内側の円から出ないようにできれば、2秒露光でもほぼブレることはなかった。

<作例>
カメラ:S1 レンズ:LUMIX S PRO 50mm F1.4 1/250s F1.4 ISO20000 モデル:ネリ

下の作例は、薄暗い小雨の中で撮影したもの。ISO20000という高感度であるが、色調の破綻や筋状のノイズなどもなく、傘に乗った雨の滴、雨に濡れた路面の質感も表現されている。Web媒体や小サイズであれば問題なく使用できるレベル。

カメラ内JPEG
img_products_pana_lumix_s1_rev_23.jpg

Adobe Camera RAWで現像
img_products_pana_lumix_s1_rev_43.jpg質感をしっかり残しながら、高感度ノイズのみを除去・抑制できている。特にカラーノイズは、弊害なく素直に除去できる印象。RAW現像を前提にすれば、この程度の感度なら躊躇無く使えそうだ。


スタジオでの静物撮影

<作例 1>
img_products_pana_lumix_s1_rev_36.jpgカメラ:S1R レンズ:LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. 1/125s F13 ISO100
スタイリング:砂坪将司(DNPメディア・アート) 
※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示

<作例 1>は、果物の質感や、みずみずしさの表現を狙って、階調や表情を出すライティングに。果物それぞれの色味、階調、質感ともに良く出ている。

解像力

S1R
img_products_pana_lumix_s1_rev_28.jpg
S1
img_products_pana_lumix_s1_rev_29.jpg
ピクセル等倍でS1RとS1を比較。どちらも同様に果物の色味、階調、質感が良く出ている。S1Rは長辺8368ピクセル、S1は長辺6000ピクセルで、S1でもそれなりに大きな画像である。


拡張感度ISO50時のトーン変化
img_products_pana_lumix_s1_rev_30.jpg S1Rにて、基準感度のISO100(左)と拡張感度のISO50(右)を比較撮影。中間調に差異がないため露出は同じになっているが、ISO50ではハイライトが飛んでいる。セオリー通りの結果で、やはり拡張感度は緊急用と考えた方が良い。

ズームリングを回すと焦点距離が液晶に表示されるようになっており、厳密に焦点距離を決めたい場合に便利だろう。

執筆時点では、テザー撮影のソフトが最終調整中とのことで、テザーの使用感は確認できなかった。

ハイレゾモードで撮影
img_products_pana_lumix_s1_rev_44.jpg カメラ:S1R レンズ:LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. 1s F13 ISO100
スタイリング:砂坪将司(DNPメディア・アート)
※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示

イメージセンサーを動かしながら8回のシャッターを切って高解像画像を生成する「ハイレゾモード」。S1Rのハイレゾモードで撮影したRAWデータをSILKYPIX Developer Studio 8SEで現像。長辺16736ピクセルの画像が生成された。さすがに中判デジタルと同等の解像感とまではいかないが、通常サイズで撮影してから画像拡大するよりは確実に高画質だ。ただし、現像処理の速度は通常サイズのRAWデータと比べるとかなり遅く、サクサク現像するには相当のPCスペックが求められる。なお、ハイレゾモード撮影時はストロボが発光禁止となる。

Lマウントレンズは、シグマから70mmマクロが、またパナソニックからも2020年にマクロレンズの登場が予定されている。静物撮影で活躍するレンズのラインナップが今後どうなっていくのか注目だ。

マクロ撮影
img_products_pana_lumix_s1_rev_31.jpg 現状、フルサイズ対応のLマウントレンズで唯一のマクロレンズが、24-105mmのF4。「Certified by LEICA」の「LUMIX S PRO」レンズではないものの、普段の仕事に必要充分な性能を持っている。105mm、F13で撮影。

全域マクロの24-105mm F4

24mm
img_products_pana_lumix_s1_rev_32.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_33.jpg
105mm
img_products_pana_lumix_s1_rev_34.jpg
img_products_pana_lumix_s1_rev_35.jpg
24mmと105mmで、大体同じ画角になるように撮影した。マクロといえば中望遠のイメージだが、広角のマクロはなかなか新鮮。引きが取れない場合の撮影はもちろん、パース感を敢えて取り入れた作画も面白いだろう。

<作例 2>
img_products_pana_lumix_s1_rev_37.jpgS1R レンズ:LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S. 1/125s F8 ISO100
スタイリング:砂坪将司(DNPメディア・アート) 
※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示

<作例 2>は、ドライフルーツの詰まったパンを被写体に選定。表面や断面のディテールをしっかり出すため、中間調~シャドー域を表現の中心とするライティングを行なった。焼き目の焦げた質感や濃淡、断面のドライフルーツと生地の質感が良く出ている。



芳田賢明(よしだ・たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。DNPメディア・アート所属。写真集やアート分野を中心に「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行なっている。撮影ではポートレイトや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。


※この記事はコマーシャル・フォト2019年4月号から転載しています。


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン