玉ちゃんのライティング話

第4回 円柱、円錐、球のライティングパターン

解説 : 玉内公一

玉:玉内 編:編集部

 前回、四角い箱のライティングの基礎を教えてもらいましたけど、円柱や球みたいなものは、どうするんですか?

 そう来ると思いました。

 四角い箱は「面ごとに明るさを考えよう」という話でしたよね。では湾曲した面を持つ円柱は?

 まぁ、明るい所と暗い所、また中間の明るさを作り、立体的に見せていくという基本的な考えは変わりないんですね。だから、よほど極端な形でない限り、四角い箱と同じセッティングで撮れば、それなりに自然に見えるのです。

 つまり、メインはやや斜め上にセットして、全体的にバランス良く光をあてるというパターンですね。

 それが基本になると思います。

img_tech_lightingstory04_01.jpg
img_tech_lightingstory04_02.jpg
左の写真は、手前やや斜め上からライトをあてた作例。花瓶半分を暗く落とし、フォルムを強調した。右の写真は後方やや斜め上からのライティング。半逆光になり、花瓶全体のフォルム、立体感は表現できないが、透過する光がチューリップを瑞々しく見せている。

img_tech_lightingstory04_03.jpg
3つの作例のセット。
img_tech_lightingstory04_04.jpg
上の写真は真正面やや上方からライトをあてた作例。曲面のため正面からの光でも、周囲が落ちて丸みが出る。花瓶全体を見せるライティング。


 では、今回は円柱、円錐、球を使ってライティングのパターンを見ていきましょう。素材が発砲スチロールなので、表面はあまりきれいじゃないのですが、明暗を見るのにはいいでしょう。

まず、わかりやすい円柱から。これは四角い箱と同様に、立てた状態だと天面(トップ)がある。基本はここを一番明るくして、どちらかのサイドをやや暗く、もう一方のサイドをシャドーにする。ただし、作例のように細長い円柱だと、サイドの面積が広く、そこがポイントとなる場合もある。その時は、サイドに一番明るい面を持ってきます。

 缶ビールとかは、サイドのラベルをメインに見せたいですからね。サイドのシャドー面積は、ライト位置によって変わりますけど、どのくらいがいいんですか?

 確かに平面で構成される立方体と違い、連続する曲面はメインライトの位置でシャドーの面積が変わる。そこがポイントです。明るい部分の面積を広くするか、シャドーを広くするか、それは撮影意図や被写体によって変わります。それと同時に、明るい部分と暗い部分が連続した面になるので、どのように明暗のグラデーションを作っていくかも大切なんですね。

その辺は次回、詳しくお話しします。

円柱のライティングパターン

メイン+非常に弱いフィルインで撮影。
img_tech_lightingstory04_05.jpg
左斜め手前、45度の高さから
左斜め上45度にライトをセット。トップを明るくした基本的なライティング。
img_tech_lightingstory04_06.jpg
左斜め手前、20度の高さから
左斜め方向、ライトをやや低め(20度)にセット。トップよりサイドを明るくした。

img_tech_lightingstory04_07.jpg
真横、20度の高さから
真横、20度ほどの高さからのライティング。右側のシャドー面積を広くした。
img_tech_lightingstory04_08.jpg
正面、20度の高さから
レンズ光軸方向、やや高い位置からのライト。正面が明るくなる。


 では続いて円錐型。これは天面がないですよね。

 だからサイド面の横方向だけでなく、縦方向でも明暗のグラデーションを作る。やはり上からの光を意識させた方が自然なので、上の方を明るくするのがノーマルですね。四角い箱と違い、曲面は光が回るので2灯使わずとも、1灯をやや上方からあてれば自然に仕上がる。今回の作例でも、フィルインは入れていますが、かなり弱めで、メイン1灯で明るいところから暗い部分までのグラデを作ってます。

円錐のライティングパターン

メイン+非常に弱いフィルインで撮影。
img_tech_lightingstory04_09.jpg
左斜め上、45度の高さから
斜め上からライティング。天面がない円錐だが、上からの光を感じさせる。
img_tech_lightingstory04_10.jpg
左斜め手前、水平位置から
ライトは被写体に対してほぼ水平位置、斜め手前からのライティング。

img_tech_lightingstory04_11.jpg
真横、水平位置から
ほぼ真横からのライティング。右側のシャドー面積を大きくした。
img_tech_lightingstory04_12.jpg
正面、20度の高さから
カメラ位置よりやや高めからのライト。正面が明るくなる。


 球もそうですか?

 そうですね。1灯でも斜めから光をあてれば、直に当たるハイライト部分、光が回って徐々に落ちていく部分、そしてシャドー部ができる。

 簡単ですね。

 否! 球&曲面を侮るなかれ。簡単にそれなりのグラデーションができるから立体感、曲面の感じは出ますが、先ほど話したように、どれだけシャドーの面積を作るか、どんなグラデーションを作るかで、モノの表情は変わっていく。シンプルだけに奥が深い、センスが問われる部分です。

 その辺は次回に続くってことで。

球のライティングパターン

メイン+非常に弱いフィルインで撮影。特に球などはメイン1灯でも近い仕上がりになる。
img_tech_lightingstory04_13.jpg
左斜め手前、水平位置から
右側にシャドーができる、球の基本的なライティング。
img_tech_lightingstory04_14.jpg
真横からの光
右側半分がシャドーになる。ちょうど半月状態。

img_tech_lightingstory04_15.jpg
正面からの光
曲面のため全体に光が回るが、周囲はやや落ちるので立体感は出る。
 

おすすめ商品・アイテム

写真:玉ちゃんのライティング話

玉ちゃんのライティング話

スタジオ撮影のライティングを基礎から知りたい人へ。月刊誌コマーシャル・フォトで約3年にわたり連載された「玉ちゃんのライティング話」を再構成。カラー作例をふんだんに使い、プロのスタジオ撮影の基礎を解説したライティング読本。

玉内公一 著 定価1,620円(税込)

写真:商品撮影の基本を学ぶ

プロが教える上達の早道商品撮影の基本を学ぶ

さまざまな広告写真で30年のキャリアのベテランフォトグラファー 熊谷晃氏が教える、商品撮影における極意。難しく考えられがちな「商品撮影」を楽しんで取り組めるようになる。

熊谷晃 著 1,800円+税

写真:クリップオンストロボの実践ライティング

基本をマスターすれば光は操れるクリップオンストロボの実践ライティング

便利なTTLオート発光や安心感のマニュアル発光など、クリップオンストロボの基礎知識からプロの現場での活用法を紹介。クリップオンストロボユーザーや、これからクリップオンストロボに挑戦するユーザーに送る1冊。

2,000円+税

写真:あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

5人の講師によるセミナー形式でライティングと撮影テクニックを解説。豊富な作例、目からウロコのテクニック、便利な機材などの情報を満載。商品撮影から人物撮影まで、すぐに役立つ、真似したくなるプロワザを惜しみなく披露する。

定価2,160円(税込)

写真:基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

スチルライフのジャンルでも、特にプロの世界で「ブツ撮り」と呼ばれるスタジオでの商品撮影をメインに、ライティングの基礎から実践までを解説する。

定価2,808円(税込)

玉内公一 Kohichi Tamauchi

ドイテクニカルフォト、コメットストロボを経て、2000年に独立。銀塩写真、デジタルフォト、ライティングに関する執筆、セミナーなどを行なっている。日本写真映像専門学校非常勤講師、日本写真学会、日本写真芸術学会会員、電塾運営委員。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

反射神経に応えられる機動性 ディレクター「柘植泰人」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン