玉ちゃんのライティング話

第14回 ポートレイトライティングの組み立て

解説 : 玉内公一

PhotoEDGE600px.png

玉:玉内 編:編集部

 前2回、ポートレイトライティングの基本パターンについて話しましたが、今回はそれをベースにライティングの組み立て手順を追っていきましょう。

img_tech_lightingstory14_01.jpg

 仕上がりが上の写真です。この写真の灯数は?

 メインライト1灯、フィルインライト1灯、それに背景のグラデーション演出用に1灯、計3灯です。物撮影でも人物撮影でもベーシックなライティング構成は、①一番見せたい部分を輝かせ、陰影を作り立体感を出す「メイン(の光)」、②メインを補い全体の明るさを調整する「フィルイン(の光)」、③特別の演出や強調のために入れる「アクセント(の光)」に分かれます。

 メイン、フィルインについては以前、この連載でもやりましたね(第1回)。

 まずメインありき。メイン1灯の表現もありますが、フィルインでバランスを取り、必要ならばアクセントを入れる。アクセントとは、たとえば髪に光沢感を出すライトなどですね。ですから上の作例で言えば人物に関しては、メインとフィルインの2灯ライティングです。

img_tech_lightingstory14_02.gif
img_tech_lightingstory14_03.jpg
メインライト:右斜めからディフューザー越しのアンブレラ1灯。ちょうどループライティングの位置にセットしている。右側のシャドーはレフで起こしている。
フィルイン:正面(レンズ光軸方向)からディフューザー越しのアンブレラ1灯。全体のシャドーを起こす。
バックグラウンド:グレーのムラバックに対し、オレンジのカラーフィルターをつけたリフレクター1灯。背景を赤く仕上げている。



 ではそれぞれのライトの役割を見ていきましょう。まずメインですが、ここでは右斜め横からループライティングの位置にセットしています。作例1はメインをリフレクター直光にしたもの。

作例1:リフレクター1灯でのループライティング

img_tech_lightingstory14_04.jpg
img_tech_lightingstory14_05.gif
リフレクター直光。左側はレフで起こしているが、明暗のコントラストが強く、ループの特徴である鼻の輪のような影がくっきりと出ている。

 確かに鼻の影がループになっています。

 陰影が強い昔の肖像写真風ですね。左側のシャドーはレフで起こしていますが、女性を撮るには少しコントラストが強すぎる。そこで作例2ではメインをアンブレラ+ディフューザーの拡散光に変えてみました。

作例2:拡散光でのループライティング

img_tech_lightingstory14_06.jpg
img_tech_lightingstory14_07.gif
メインをアンブレラ+ディフューザーの拡散光に変える。光が回って影が弱まり柔らかさが出てくる。

 顔の左側にも光が回ってきますね。

 鼻の影も弱まってきた。しかしもう少し、肌の明るさ、輝き、滑らかさを出していきたい。そこで作例3では、フィルインライトとして、正面からアンブレラ+ディフューザーの光を入れています。

作例3:フィルインライトを入れる

img_tech_lightingstory14_08.jpg
img_tech_lightingstory14_09.gif
作例2のメインに加え、正面からアンブレラ+ディフューザーでフィルインを入れる。顔全体が明るくなり、凹凸感、立体感は減少するが、肌の輝き、滑らかさが表現される。
光量比はメインf16、フィルインf11。

 かなり現代的な写真になったという印象を受けます。

 最近はこうした回し気味の光が主流ですからね。やはり、ループやレンブラントのライティングパターンはモノクロ写真時代に考えられた手法、つまり光と影の表現です。しかしフィルムがカラーになると、ライトコントラストよりも色の美しさ、滑らかな繋がりが重視されるようになった。カラーではどうしてもシャドー部は色が濁りますから、中間調からハイライトを重視した回し気味の光の中で、階調を美しく出していく表現になるのですね。

 そう言えばモノクロのポートレイトでは、今でも明暗のコントラストをつけた表現が多い。

 さて、作例4はさらにフィルインの出力を上げて、メインとの差をなくした完成カットです。こうなるともう、顔左側の影もなくなり、レンブラントでもループでも関係なくなりますね。

作例4:メインとフィルインの光量差を少なくする

img_tech_lightingstory14_10.jpg
img_tech_lightingstory14_09.gif
作例3のライト位置のまま、フィルインの光量を1/2段アップ。顔全体が明るくなり、ループ特有の影はほぼ見えなくなる。最近の女性ポートレイト、ビューティフォトでは、このくらいの明るさが好まれる。

 へ…? 関係ない?

 だってレンブラントもループも、シャドー部の影の形で決まっていたのですから、影がなくなったら、もうレンブラントやループもないでしょう。だから最近はあまりレンブラント、ループが意識されなくなった。

 それじゃ、過去2回の講座は無駄だったということ?

 そんなことはありません。たとえばこれからライティングを習得しようとする人は、今回の説明のように、まずメインの位置を決める時、レンブラントやループからスタートして、表現を広げていけばいい。もちろんレンブラントやループが絶対ではない。だけど実際、レンブラントって言葉を知らなくても、大体、斜めからメインライトをあてるでしょ。その時、顔の陰影がきれいに立体的に見えるように考案されたのが、レンブラントだったりループだったわけですから。


PhotoEDGE600px.png

おすすめ商品・アイテム

写真:玉ちゃんのライティング話

玉ちゃんのライティング話

スタジオ撮影のライティングを基礎から知りたい人へ。月刊誌コマーシャル・フォトで約3年にわたり連載された「玉ちゃんのライティング話」を再構成。カラー作例をふんだんに使い、プロのスタジオ撮影の基礎を解説したライティング読本。

玉内公一 著 定価1,620円(税込)

写真:商品撮影の基本を学ぶ

プロが教える上達の早道商品撮影の基本を学ぶ

さまざまな広告写真で30年のキャリアのベテランフォトグラファー 熊谷晃氏が教える、商品撮影における極意。難しく考えられがちな「商品撮影」を楽しんで取り組めるようになる。

熊谷晃 著 1,800円+税

写真:クリップオンストロボの実践ライティング

基本をマスターすれば光は操れるクリップオンストロボの実践ライティング

便利なTTLオート発光や安心感のマニュアル発光など、クリップオンストロボの基礎知識からプロの現場での活用法を紹介。クリップオンストロボユーザーや、これからクリップオンストロボに挑戦するユーザーに送る1冊。

2,000円+税

写真:あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

5人の講師によるセミナー形式でライティングと撮影テクニックを解説。豊富な作例、目からウロコのテクニック、便利な機材などの情報を満載。商品撮影から人物撮影まで、すぐに役立つ、真似したくなるプロワザを惜しみなく披露する。

定価2,160円(税込)

写真:基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

スチルライフのジャンルでも、特にプロの世界で「ブツ撮り」と呼ばれるスタジオでの商品撮影をメインに、ライティングの基礎から実践までを解説する。

定価2,808円(税込)

玉内公一 Kohichi Tamauchi

ドイテクニカルフォト、コメットストロボを経て、2000年に独立。銀塩写真、デジタルフォト、ライティングに関する執筆、セミナーなどを行なっている。日本写真映像専門学校非常勤講師、日本写真学会、日本写真芸術学会会員、電塾運営委員。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー