玉ちゃんのライティング話

第25回 ライトパネル+アンブレラで撮影

解説 : 玉内公一

PhotoEDGE600px.png

玉:玉内 編:編集部

 ライトパネルって知っていますか?

 このコーナーでも、作例の状況写真によく登場するあのパネルですね。

 私が使っているのはフォトフレックス社の「ライトパネルシステム」(取り扱い:KPI www.kenko-pi.co.jp/)ですが、各社それぞれの名称、商品名がありますね。

折り畳み式の骨組みに、ディフューザーなどの布(ファブリック)をつけて使うアクセサリーです。フォトフレックスのライトパネルの場合、光を透過するディフューザー布や、レフや遮光に使う片面白、片面黒の布、銀やゴールドもあって、それを用途に応じて付け替えるようになってます。

トレペやレフ板でも同じことはできるのですが、これだとセットを組むのも簡単。

 ロケ撮影にもいいですね。

 今回は、そのライトパネルとアンブレラを使ったライティングを紹介しましょう。アンブレラは誰もが持っている基本的なライティングアクセサリーだけど、ライトパネルを組み合わせることで、ライティングのバリエーションも広がります。

作例1:アンブレラの左右に黒パネルを置く

img_tech_lightingstory25_01.jpg

img_tech_lightingstory25_02.jpg
左斜めからアンプレラ1灯のライティング。黒面にしたパネルをアンブレラの両サイドに立てることで、左右、背後に広がる光をカットしている。

 上の作例1は、パネルに黒布をつけてライトカッター的に使った作例。スタジオではカポックと呼ばれる黒面のスチロール板を立てたりしますが、アレと同じです。

 渋い仕上がりですね。

 小さなスタジオやマンションルームでの撮影の場合、アンブレラでは周囲に広がった光が壁にバウンスして、光が回りすぎるんですよね。かといってリフレクター光だと、照射範囲が狭いし、光も硬い。アンブレラも光を上手くカットすることで、必要な部分にのみ拡散光をあてることができます。

作例2:アンブレラの光をディフューザーでさらに拡散させる

img_tech_lightingstory25_03.jpg

img_tech_lightingstory25_04.jpg
被写体左からアンブレラ1灯のライティング。半透過布をつけたディフューザーパネル2枚をアンブレラ前に置き、光を拡散。またアンブレラの後ろには、不透過の白面をつけたレフパネルを壁のように並べ、周囲に行く光をバウンスさせている。

 作例2は、ディフューザーパネルでアンブレラの光を拡散させた作例。アンブレラの光自体、拡散光ですが、それをさらにディフューズすることで、より柔らかな光となる。アンブレラ直光では「まだ光が硬い」という場合、この方法がお勧めです。

さらにこのセットでは、アンブレラの後ろにもレフ状態にしたパネルを置き、周囲に行く光をバウンスしている。

 壁バウンスのような感じですね。

 1灯でも光が充分に回ることをお見せしたかったのですが、写真としては光が回りすぎかな?

 もう少しメリハリが欲しいですね。

作例3:パネルでアンブレラを囲みボックスライトを作る

img_tech_lightingstory25_05.jpg
メインライトは被写体左側からの面光源。アンブレラ正面にディフューザーパネルを置き、左右はレフパネルの白面を内側に向けて囲み、大きなボックスライトのような状態にしている。右側にもレフパネルを置いて、シャドーを起こしている。

img_tech_lightingstory25_06.jpg

img_tech_lightingstory25_07.jpg

 そこで、作例3ではパネルでアンブレラを囲み、簡易ボックスライトを作ってみました。アンブレラ正面は透過ディフューザー、左右は内面白、外面黒の幕を使い、横から光が漏れないようにしています。

 その効果は?

 アンブレラ直光だと、傘の形のハイライトが出てしまうのですが、これだとバンクライトのような面光源になる。しかも光源がアンブレラだから、普通のバンクより大きくムラのない面光源が作れる。さらに周囲に洩れる光を抑えているので、余分な光が被写体に回り込むこともない。

作例4:透過アンブレラでレフパネルにバウンス

img_tech_lightingstory25_08.jpg
img_tech_lightingstory25_09.jpg
上のセット写真は、モデル側から見たところ。アンブレラ2灯のライティング。メインライトの透過アンブレラは、レフパネルに向けてバウンス。フィルインライトとして、逆サイドからディフューザー越しに弱い光をあてている。アンブレラ直の光が、モデルのおでこや目にハイライトを入れる。

 作例4は大がかりなセットですが。

 これはアンブレラを2灯使っています。メインライトは透過アンブレラで、レフ状態にしたパネルにバウンスさせた光。フィルインライトとして、逆方向からディフューザー状態にしたパネル越しに、アンブレラの光をあてています。

 メイン、フィルともディフューズじゃだめなんですか?

 仕上がりの光の回り方はそんなに変わらないと思うのですが、ここで透過アンブレラをバウンスで使ったのは、アンブレラからの直光が欲しかったからです。透過アンブレラは、100パーセント光を透過するのではなく、一部の光は通常のアンブレラと同様に、前方に反射します。

 つまりその光が被写体に直にあたる。

 それが女の子の目のキャッチライトや、おでこのハイライトに効いてくるわけです。

PhotoEDGE600px.png

おすすめ商品・アイテム

写真:玉ちゃんのライティング話

玉ちゃんのライティング話

スタジオ撮影のライティングを基礎から知りたい人へ。月刊誌コマーシャル・フォトで約3年にわたり連載された「玉ちゃんのライティング話」を再構成。カラー作例をふんだんに使い、プロのスタジオ撮影の基礎を解説したライティング読本。

玉内公一 著 定価1,620円(税込)

写真:商品撮影の基本を学ぶ

プロが教える上達の早道商品撮影の基本を学ぶ

さまざまな広告写真で30年のキャリアのベテランフォトグラファー 熊谷晃氏が教える、商品撮影における極意。難しく考えられがちな「商品撮影」を楽しんで取り組めるようになる。

熊谷晃 著 1,800円+税

写真:クリップオンストロボの実践ライティング

基本をマスターすれば光は操れるクリップオンストロボの実践ライティング

便利なTTLオート発光や安心感のマニュアル発光など、クリップオンストロボの基礎知識からプロの現場での活用法を紹介。クリップオンストロボユーザーや、これからクリップオンストロボに挑戦するユーザーに送る1冊。

2,000円+税

写真:あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

5人の講師によるセミナー形式でライティングと撮影テクニックを解説。豊富な作例、目からウロコのテクニック、便利な機材などの情報を満載。商品撮影から人物撮影まで、すぐに役立つ、真似したくなるプロワザを惜しみなく披露する。

定価2,160円(税込)

写真:基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

スチルライフのジャンルでも、特にプロの世界で「ブツ撮り」と呼ばれるスタジオでの商品撮影をメインに、ライティングの基礎から実践までを解説する。

定価2,808円(税込)

玉内公一 Kohichi Tamauchi

ドイテクニカルフォト、コメットストロボを経て、2000年に独立。銀塩写真、デジタルフォト、ライティングに関する執筆、セミナーなどを行なっている。日本写真映像専門学校非常勤講師、日本写真学会、日本写真芸術学会会員、電塾運営委員。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー