玉ちゃんのライティング話

第30回 グレーバランスとRGB数値

解説 : 玉内公一

img_tech_lightingstory30_01.jpg
img_tech_lightingstory30_02.jpg
img_tech_lightingstory30_03.jpg
img_tech_lightingstory30_04.jpg
img_tech_lightingstory30_05.jpg
R: 115
G: 117
B: 122
img_tech_lightingstory30_06.jpg
R: 125
G: 139
B: 170
img_tech_lightingstory30_07.jpg
R: 129
G: 150
B: 131
img_tech_lightingstory30_08.jpg
R: 177
G: 142
B: 112

玉:玉内 編:編集部

 前回まで、グレースケールと光量/明るさの関係を見てきたわけですが。

 中間グレーの数値が119なら適正露光ということでしたよね。

 そうです。でも、グレースケールには適正光量を知るだけでなく、もう1つ、重要な役割がある。特にデジタル撮影では、適正露光を計るよりも、重要かもしれない。

img_tech_lightingstory30_09.jpg
ニュートラルグレーのRGB値が均等に再現されていれば、その写真の色味は正確と言える。このグレーのバランスは、デジタル撮影では撮影段階や後処理で調整が可能だ。また、あえてカラーバランスを変えることも簡単にできる。上の作例はRAW現像段階でカラーバランスを変えている。上段左のカットがRGB値115〜122で、ほぼ適正露光、グレーバランスも取れている状態。上の写真の数値が各写真のグレーチャートのバランス。

 グレーバランスですね。

 今更ながらですが、一応、説明しておくと、デジタルカメラはフィルムと違って、決まった「対応色温度」がない。言い換えれば、対応する色温度というのはカメラの設定で自由に変えられる。色温度が低いタングステン光下でも、色温度の高い晴天下でも、カメラの設定を合わせれば、正確な色で写る。

 正確な色とは?

 この場合の「正確な色」とは「見たままの色」ではなく、「ニュートラルなグレーが、色のかぶり、色の転びがなく正しく写っている」ということですね。そのための基準として、グレースケールやグレーカードが用いられる訳です。

さてデジタルのRGBデータで、ニュートラルなグレーとは、RGB数値が均等になっていることです。コダックのグレースケールのM点(中間グレー)の数値がR=119、G=119、B=119であるなら、適正露光であり、かつグレーバランスが取れているということですね。

厳密に言えば、中間グレーだけでなく、シャドー側、ハイライト側のグレー、コダックのスケールならB点、A点でもRGBが均等でなくてはならないのですが、ベースとなる基準として、中間のグレーが合っていれば、絵柄全体もほぼ合っていると考えて、まず中間グレーのRGB値をチェックするわけです。

 中間グレーのRGB平均数値が119で適正の明るさだとしても、各数値が違っていたら…。

 グレーバランスがズレているということです。でも、フィルム撮影のように、フィルムと光源の色温度を合わせるため、ライトにカラーフィルターをかけたりする必要はなく、カメラの色温度設定を調整したり、RAW現像やPhotoshopの後処理で簡単に補正できるんですけどね。逆にカラーバランスを変えた表現も、上の作例のように、デジタル処理で簡単にできてしまうわけです。

ただ問題なのは、簡単に補正できると言っても、あくまで単一光源の場合で、たとえば2灯ライティングでそれぞれのライトの色温度が違っていたら、補正は面倒ですよ。従来通り、フィルターで2つライトの色温度を揃えておくのが理想です。

 同じ種類のストロボでは、そんなに色温度の違いはないでしょう?

 それが意外とあるんです。新品のストロボヘッドは大体色温度が5000〜5500K(ケルビン)、いわゆる「デイライト」ですが、発光の度に細かいホコリがチューブに蒸着して、1年ぐらい使っていると黄ばんでくる。大体500Kぐらいはすぐに下がってしまう。昔は新品のストロボヘッドを買ったら、古いストロボと色温度を合わせるために、たばこの煙を吹きかけたりしたんですよ。ある程度、黄ばんだら後はあまり変化しないから。

 また、健康に悪そうな…。

 黄ばむと言えば、バンクやディフューザーなども、黄ばんでくると、色温度が低くなる。古いバンクに古いストロボヘッドなんて組み合わせだと、1000K以上、違ってくるんじゃないかな。

すべてのストロボが平均的に下がっているなら問題ないんです。後で補正できる。でも、たとえば新品ストロボの直光と、古いバンクのミックス光だと、かなりの差があるわけで、これが、撮影時点では気にならなくても、後の色補正などで、色むらが強調されたりするんですね。

手持ちのストロボやバンクの色の傾向は、グレースケールを撮ればすぐにチェックできるので、一度、確認しておくといいですよ。

手持ちのライトの色味をチェックしてみよう

img_tech_lightingstory30_10.jpg
色温度を数値で計る場合は、カラーメーターがあると便利だが、色の傾向を把握するだけなら、グレースケールを撮り、RGB値をチェックすれば良い。撮影の際、周辺光、壁のバウンスなどの影響を受けないように注意する。

img_tech_lightingstory30_11.jpg

セコニック
カラーメーター
「C-500」

新品ライトヘッド、リフレクター直光

img_tech_lightingstory30_12.jpg
img_tech_lightingstory30_13.jpg 新品のライトヘッドとリフレクターでライティング。カラーメーターの数値は5360Kで、ほぼデイライトと同じ色温度を示す。
グレースケールのM点のRGB値は、Photoshopの情報パレットで確認できるが、こちらも各数値がほぼ均等に揃っている。

新品のバンクライト

img_tech_lightingstory30_14.jpg
img_tech_lightingstory30_15.jpg 新しいバンクに、新品のライトヘッドをつけて撮影。カラーメーターの数値は5250K。リフレクター直光よりも、90Kほど色温度が低くなったが、RGB値ではほとんど変わりない。ディフューザーなどを透過すると、基本的に色温度が下がる傾向にあるが、この程度なら問題ない。リフレクター直光の作例と、背景の濃度が違うのは、リフレクター直光と拡散光の差。

古いバンクライト

img_tech_lightingstory30_16.jpg
img_tech_lightingstory30_17.jpg 廃棄寸前の古いバンクライト。ディフューズ面が黄ばんでいるため色温度は3300Kと低くなってしまった。RGB数値も大幅にズレ、Bが低く、アンバーに転んでいる。これは大げさな例だが、古いバンクを多灯ライティングで使う場合、他のライトと色温度が合わないことがあるので注意したい。

おすすめ商品・アイテム

写真:玉ちゃんのライティング話

玉ちゃんのライティング話

スタジオ撮影のライティングを基礎から知りたい人へ。月刊誌コマーシャル・フォトで約3年にわたり連載された「玉ちゃんのライティング話」を再構成。カラー作例をふんだんに使い、プロのスタジオ撮影の基礎を解説したライティング読本。

玉内公一 著 定価1,620円(税込)

写真:商品撮影の基本を学ぶ

プロが教える上達の早道商品撮影の基本を学ぶ

さまざまな広告写真で30年のキャリアのベテランフォトグラファー 熊谷晃氏が教える、商品撮影における極意。難しく考えられがちな「商品撮影」を楽しんで取り組めるようになる。

熊谷晃 著 1,800円+税

写真:クリップオンストロボの実践ライティング

基本をマスターすれば光は操れるクリップオンストロボの実践ライティング

便利なTTLオート発光や安心感のマニュアル発光など、クリップオンストロボの基礎知識からプロの現場での活用法を紹介。クリップオンストロボユーザーや、これからクリップオンストロボに挑戦するユーザーに送る1冊。

2,000円+税

写真:あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

5人の講師によるセミナー形式でライティングと撮影テクニックを解説。豊富な作例、目からウロコのテクニック、便利な機材などの情報を満載。商品撮影から人物撮影まで、すぐに役立つ、真似したくなるプロワザを惜しみなく披露する。

定価2,160円(税込)

写真:基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

スチルライフのジャンルでも、特にプロの世界で「ブツ撮り」と呼ばれるスタジオでの商品撮影をメインに、ライティングの基礎から実践までを解説する。

定価2,808円(税込)

玉内公一 Kohichi Tamauchi

ドイテクニカルフォト、コメットストロボを経て、2000年に独立。銀塩写真、デジタルフォト、ライティングに関する執筆、セミナーなどを行なっている。日本写真映像専門学校非常勤講師、日本写真学会、日本写真芸術学会会員、電塾運営委員。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

2人が語る、先進ハイブリッドアコードの魅力
SK-II ジェノプティクスオーラエッセンストライアルキット

α7RIIは羊の皮を被った狼 フォトグラファー「堀内僚太郎」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン