玉ちゃんのライティング話

第32回 ライティングと色味の調整で朝〜夕の光を演出

解説 : 玉内公一

玉:玉内 編:編集部

 今回も「デジタルの後処理でライティングを仕上げる」という具体例を紹介しましょう。

以前にもこのコーナーで、天トレを使った朝の光、ベアバルブでの昼の直射光などを紹介しましたが、さらにそこにデジタル処理でひと味加えてみます。

朝のイメージ

img_tech_lightingstory32_01.jpg

元画像と補整カーブ

img_tech_lightingstory32_02.jpg
写真上は、逆光ライティングで朝の光を表現した元画像。
トーンカーブ①トーンカーブのBを持ち上げ(補色のMがマイナス)、Rを下げる(補足のCがプラス)。トーンカーブ ②トーンカーブ全体(RGB )の中間調より上を持ち上げて、明るさを強調。
img_tech_lightingstory32_03.jpg
img_tech_lightingstory32_04.jpg
img_tech_lightingstory32_05.jpg
斜め後ろ、やや低めの位置よりバンクライトの拡散光をあてる。同じ拡散光でもアンブレラだと、傘の骨が瓶に写ってしまう。

 さて、朝の光ってどんなイメージがありますか?

 クリアだけどあまり強烈な光ではなく、透明感があって清々しい感じ?

 そうですね。季節、時間によって太陽の高さは違いますが、東の窓から明け方の光が差し込んでくる。でも、まだ直射光はあたらず、明るくなり始めた空の光で、部屋が明るくなっている感じ。

 空全体の明るさ、天空光ですね。

 そう。つまり朝の光には、天空光の青味が多く含まれている。科学的に言えば短波長の光が多い。

しかもまだ大気や地表が熱せられていないため、大気中の水蒸気の粒子も細かく、その光が大気中であまり乱反射しない。もともと太陽の直射ではなく天空光だから拡散光なんですが、ある程度シャープさもあるんですよね、朝の光は。

 それをライティングで表現する。

 いくらデジタルで修正ができるとしても、光のあたり方や影の出方はライティングできちんと作っておいた方が楽です。デジタルは味付けですね。

具体的な朝の光のライティングですが、今回は早朝のイメージ。大きめのバンクライト(8角形のオクタバンク)を斜め後ろから半逆光であてました。ただ、それだけだと物足りない。

 朝の雰囲気は、そこそこあるのですが…。

 そこで、撮影後のトーンカーブ処理で、やや青味を強調してみました。さらに中間調より上の部分を持ち上げて、明るさを強調しています。実際には1回のトーンカーブ処理でもできるのですが、ここではわかりやすいように色味補正と明るさ補正のトーンカーブを分けています。

また調整レイヤーでトーンカーブを重ねているから、「不透明度」で効果の微妙な調整もできます。

 青味でかなり雰囲気が変わりますね。

 ちょっと大げさかもしれませんが、特にイメージ重視の広告写真では、大げさなくらいの方がわかりやすいと思います。

日中のイメージ

img_tech_lightingstory32_06.jpg

元画像と補整カーブ

img_tech_lightingstory32_07.jpg
ベアバルブ撮影で被写体の影を濃く出した。日中のイメージなのでカラーバランスはニュートラルのままで、トーンカーブ(RGB全体)をS字カーブにして、コントラストを強調。またカーブ右の頂点を左に移動して、ハイライトを飛ぶギリギリまで持ち上げる。

ベアバルブ状態のライトを、被写体上高い位置にセット。このセットでは天井にバウンスした光が拡散光のフィルインになっているが、影をよりシャープにする場合、黒ケントを天井に貼り、バウンスをカットする。
img_tech_lightingstory32_08.jpg

img_tech_lightingstory32_09.jpg

 次の昼のイメージは、濃い影を作るためベアバルブ撮影ですね。

 ライトヘッドにリフレクターをつけないで照射する方法ですね。

 この作例では昼過ぎの陽があたるベランダをイメージ。ベアバルブで撮って、トーンカーブでコントラストをつけています。ハイライト部分、背景は飛ぶギリギリぐらいまで明るくしました。色味はニュートラルのままですね。

もし海辺や砂漠のシーンでもっと強い日差しを表現するなら、セットの天井に黒ケントなどを貼ると、バウンスがなくなり、影はさらにシャープになります。またトーンカーブでS字カーブを大きくしてコントラストもつけてもよいですね。

夕方のイメージ

img_tech_lightingstory32_10.jpg

元画像と補整カーブ

img_tech_lightingstory32_11.jpg
朝のイメージよりさらに光を回して撮影。
トーンカーブ① Rを持ち上げ、Bを下げることで、アンバーにする。トーンカーブ② RGB全体で、中間調より下を下げ、シャドーを濃くし、夕方の落ち着いた雰囲気に仕上げた。
img_tech_lightingstory32_12.jpg
img_tech_lightingstory32_13.jpg
img_tech_lightingstory32_14.jpg
朝のイメージと同じバンクライトに加え、逆方向からレフ板で光を回す。朝のイメージに比べ、さらにソフトな雰囲気を出した。

 夕方のシーンは?

 夕方と言えば、やはり夕暮れのアンバーな色味ですよね。この色味だけでかなり夕方のイメージになるのですが、ライティングも、少し工夫しています。

大地が熱せられて、大気の水蒸気やホコリが多い夕方は、朝の光よりも光が拡散しますよね。そこでライティング段階では、朝と同じバンク1灯に加え、逆目からレフで起こして、光を回している。

ただし、光を回し、トーンカーブでアンバーな色味にすると、色あせたような感じになってしまう。そこで中間調より下を暗めにして少しだけ全体を締めています。これで夕方の落ち着いた感じが出ると思います。

 これらの作業をライティングだけでやろうとすると?

 色味に関してはカラーフィルターなどを使いますよね。ただ、色によるイメージ作りって、朝なら青、夕方ならアンバーという大まかな方向はあるけれど、あくまで個人の感覚によるところが大きい。しかも夕方と言っても時間帯で色が変わってくるでしょ。そこをデジタル調整にすることで、微調整やトライ&エラーが可能になるわけです。

おすすめ商品・アイテム

写真:玉ちゃんのライティング話

玉ちゃんのライティング話

スタジオ撮影のライティングを基礎から知りたい人へ。月刊誌コマーシャル・フォトで約3年にわたり連載された「玉ちゃんのライティング話」を再構成。カラー作例をふんだんに使い、プロのスタジオ撮影の基礎を解説したライティング読本。

玉内公一 著 定価1,620円(税込)

写真:商品撮影の基本を学ぶ

プロが教える上達の早道商品撮影の基本を学ぶ

さまざまな広告写真で30年のキャリアのベテランフォトグラファー 熊谷晃氏が教える、商品撮影における極意。難しく考えられがちな「商品撮影」を楽しんで取り組めるようになる。

熊谷晃 著 1,800円+税

写真:クリップオンストロボの実践ライティング

基本をマスターすれば光は操れるクリップオンストロボの実践ライティング

便利なTTLオート発光や安心感のマニュアル発光など、クリップオンストロボの基礎知識からプロの現場での活用法を紹介。クリップオンストロボユーザーや、これからクリップオンストロボに挑戦するユーザーに送る1冊。

2,000円+税

写真:あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

5人の講師によるセミナー形式でライティングと撮影テクニックを解説。豊富な作例、目からウロコのテクニック、便利な機材などの情報を満載。商品撮影から人物撮影まで、すぐに役立つ、真似したくなるプロワザを惜しみなく披露する。

定価2,160円(税込)

写真:基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

スチルライフのジャンルでも、特にプロの世界で「ブツ撮り」と呼ばれるスタジオでの商品撮影をメインに、ライティングの基礎から実践までを解説する。

定価2,808円(税込)

玉内公一 Kohichi Tamauchi

ドイテクニカルフォト、コメットストロボを経て、2000年に独立。銀塩写真、デジタルフォト、ライティングに関する執筆、セミナーなどを行なっている。日本写真映像専門学校非常勤講師、日本写真学会、日本写真芸術学会会員、電塾運営委員。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

αの「強さ」そして「優しさ」 フォトグラファー「西村彩子」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン