黒川隆広「商品撮影」基礎レッスン

Lesson 04 商品に最適な色味を理解する

写真・解説:黒川隆広

「商品写真」の目的は、商品の形、色、材質、さらにはクオリティやイメージを正しく伝えること。その目的に合わせて最適なレンズやライティングが決まります。
この連載では「商品撮影」を基本から考えます。

撮色の基準をどのように考えますか? カメラは正しい色に撮るわけではありません。

光の色は時間・天気・場所・ライトでも変わります。

正確な色味を求められる場合はグレースケールを一緒に撮影して、グレーが色転びしていないことを色の基準としますが、それが必ずしも「良い商品写真」とイコールにならないことを理解しましょう。

物には誰もがイメージとして持っている好ましい色のトーンがあります。

同じ白いものでも、例えばパンであればやや黄色にした方が美味しく見えますし、 Yシャツであれば少し青みががった方が清潔感が出ます。

そのため正確なホワイトバランスで撮影した写真でも、最終的な仕上げとしては、違和感を持たない程度に、商品それぞれにイメージに近いトーンに「色転び」させます。

どのくらい「色転び」させるかは、フォトグラファーのセンスによりますが、それは最終的にフォトグラファーの個性にも繋がります。


どちらが美味しそうですか?
~「温かさ」や「美味しさ」~

黄色方向にトーンを調整することで「温かさ」や「美味しさ」が強調される。たとえばパンの作例でも、朝の光=青い光を優先するのではなく美味しそうに見える色に調整する。


左は青みがかった朝の光のイメージした写真。
右が黄色方向に補正して、パンの香ばしさを強調した写真。

04-01.jpg

左は赤味があり美味しそうだが
右はやや彩度を落として高級感を表現。
わずかの色の差だが、フォトグラファーの個性が出る部分。

04-02.jpg

どちらのシャツを選びますか?
~清潔感や冷たさ~

青みのあるのトーンは「清潔感」や「冷たさ」「新鮮さ」が強調される。通常であれば、白いポロシャツならばニュートラルなグレーに、お米なら黄色くしがちだが、商品イメージで色を作ることが大切。


04-03.jpg

青方向のトーンは、清潔感、爽やかさを伝えられる。


04-04.jpg

米本来の色は左だが青みのあるトーンで、新鮮さを出した。
写真協力:河内工房


写真を見る環境を考慮する

フォトグラファーがカラーマネージメントされたモニターで正しい色味にしても写真の色は見るディバイスごとに変わる。どのディバイスを基準にするのかは、写真を扱う媒体で検討したい。
(作例はそれぞれのディバイスの色傾向をシミュレーションしたイメージ)


04-05.jpg

PC:彩度が低い


04-06.jpg

型の古いスマートフォン:やや黄色い


04-07.jpg

最新のスマートフォン:彩度が高い


img_tech_kurokawa01_12.jpg

黒川隆広 くろかわ・たかひろ


amanaにて、30年間、商品撮影を中心に活動。2016年退社後、アライアンス社員として連携。現在は大手ECサイト商品撮影講座講師、写真の学校特別講師他、セミナー、イベントなどで写真の学びの場を提供。プロからアマチュアまで、また企業から個人向けまで、プライベートレッスンも受け付けています。


kuro1868@icloud.com
LINE ID:kuro390714



関連記事

powered by weblio




コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン