黒川隆広「商品撮影」基礎レッスン

TIPS篇 21-22 耐震マット、クリップを使った被写体の固定

写真・解説:黒川隆広

クオリティと効率を求められる商品撮影では、ちょっとした工夫やアイデアで、仕上がりを良くしたり、後処理を簡単にしたり、撮影を効率的に進めることができるのです。

TIPS 21 耐震マットで小物を吊して撮影


イヤリングのような被写体は、置き撮りでは「ぶら下がり感」が表現しにくい。

そこで耐震ジェルマットに被写体を貼り付けて撮影します。

用意するのは、アールの付いた透明アクリルフォトスタンドと、同じく透明の耐震ジェルマット。


T21-01.jpg

アクリルフォトスタンドに耐震マットを貼った状態。耐震ジェルマットは両面に粘着力があり、被写体を固定しやすい。



T21-02.jpg

このピアスは通常の置き方にすると「ぶら下がり感」を出すのがやや難しかったので、逆さで固定してぶら下げた印象に。ライティングも下からのライトをメインにして、最終的に天地を逆にした時に、仕上がりが自然に見えるようにした。





TIPS 22 クリップを使い、小さな被写体を斜めにセットする


小さな被写体に角度を付けて撮影台に置きたい時、クリップを使うと角度を自在に調整できて便利。

ダブルクリップは銀の持ち手部分の開きで角度を調整。

ゼムクリップは折り曲げて角度を調整します。

T22-01.jpg

ダブルクリップは両方の持ち手に小さな耐震ジェルマットを貼り、撮影台と商品を固定。練りゴムなどを挟んで持ち手の角度を調整する。


T22-02.jpg

ゼムクリップは折り曲げて、商品、撮影台に両面テープで固定。



▶︎▶︎黒川隆広 「商品写真撮影」無料添削スタート


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

コマーシャル・フォLINE公式アカウント

Inter BEE 2022

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン